ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私

 数年後。
遠いそれぞれの地で遊ぶ、無邪気な子供たち。
「どうしたの? ミィナ! 泣いてるのか?」
 ようすのおかしな母に駆け寄ったユウキ。
「ミィちゃん! ミィちゃん! どうしたの?」
 泣いてるようなママに抱きつき、見上げて聞くユイナ。
「ゴミ入ったみたい。帰るか」
 二人の母は、
「なんでもない。なんでもない。さぁ帰ろうか」
 同じことを思っている。
「おぅ。帰るか」
 ユウキは生意気な言葉を使い、
「はーぃ」
 ユイナは、思いやりのある子。
子供と手を取り歩く道。
この繋がれた手のぬくもりが、永遠に消えないことを祈りながら…。


68
最初 前へ 63646566676869 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ