ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私

 そして…。
私は、難産の末に生まれた男の子に、いつか二人で決めていた”ユウキ”という名前を付けた。小さな彼の手に指をあてると、ギュッと握り返してきた。
「元気いいでちゅね~ おばーちゃんですよ~ バァ」
 おばー様になってしまった。ユタカの母が笑っていた。
「あ。今。笑いませんでした? ユウキ」
「気が、はやちゅぎでしゅね~ ママは。あはっはっ」
 私も、笑っていた。
おばー様に抱かれてる、息子を見ながら、
『この子が、居ればほかには何もいらない』
 顔をほころばせた。
66
最初 前へ 63646566676869 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ