ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私

 彼らを亡くし、憔悴したままの私は、家からほとんど外へ出ること無く… ただ、ボーッと一日、一日を過ごしていた…。会社には、長期有給を特別に貰ってはいたが、進退も考えていると伝えていた…。そんなある日、忘れかけていた、空き巣被害の件。で、署に呼び出されてしまった…。


「そ、そうだったんですか…」

「男女関係ないですよ。悪い事する奴らなんて。まぁ、じっくり見てください。心当たりないですコイツ?」
 担当の刑事は、モニターの犯人を指さしていた。見せられてる監視カメラの映像には、つば広の帽子に、サングラス。おまけにマスクまでした。ある人物が映っていた…。
『まさか泥棒が、女だったなんて…』
 私は驚きながらも、繰り返し流される犯人の女に見入っていた。
「この映像だと、何もかもさっぱり分からないです…。もしかしたら男かもって思えるし…。でも、この人が身に着けてる物は、全部私の物みたいです…」
 こんなこと初めてだったから、緊張で声が震えていた…。
銀行のATMからの映像。
犯人が最後に見せる不思議な仕草…。
『なにをしてるのだろう?…』
 私は、奇妙な違和感を感じた…。
『祈ってるのかなぁ。お金はもう下ろしたのに?』
 犯人は、金を引き落としたあと、なぜか胸で手を組み。立ち去って行くのだ…。
ミィナもなんとなく、指を組んでみた…。
『私は左親指が上。犯人は右か…』
 手元のコントローラーで、ストップさせたり、スローにしたりしながら、繰り返される映像を見つめた…。だけど、分かることは何も無かった…。
そして、私は思い出したように、刑事に尋ねていた。
「指紋! 指紋は、どうなったんですか?」
「ん? あぁ。あなたと、同居人さんのしか出ませんでした。犯人はまだ、合鍵を持っていると考えられますから、しっかり防犯してくださいね」
 若い警官と、調書を付き合わせていた刑事は、振り向いて言った。
「はぃ…用心します…」
『ふたりは何から何まで、同じだった。のか…』
 彼のことを思い、また涙を滲ませた…。
63
最初 前へ 60616263646566 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ