ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私

 ミィナがおろおろしていると、
「ねぇ。うちで働かない? それしか無いかも」
 唐突な申し出に驚いてしまった。
「え?」
「さっきまでいたお店の経営者。あたし~なのね。今度、三店舗目を出すの。手伝わない?」
「そ、そうなんですか…。え? 手伝うって…」
「うん。あなた使えそうだし~ やばいの見ちゃったしぃ~ もちろん履歴書も見るし”あっちのほう”も最高だし~。この仕事にピッタリ。うふふ」
「そ、それでいいんですか? あ、その時が来たら源氏名は”アイ”にしてもらえませんか?」
「んぁ! ちゃうちゃう、源氏名って泡屋さんとか、スナックじゃないの。あははははは あなた、おかしい」
 ヒロミはお腹を抱えて笑い出してしまった。
「はい? あははははは」
 ミィナは何がなんだか分からず、愛想笑いをしていたが、
「いろいろありがとうヒロミさん。ほんとに…。今、ちょっとバタバタしてて、本当は仕事も探さないといけないんです…」
 ミィナがふかぶかと頭を下げると、
「はいこれ。ここ電話して。待ってるから」
 ヒロミは、ニコニコしながら名刺を差し出していた。
歩き出したミィナが空を見上げると、心地良い風が吹き髪を揺らした。
62
最初 前へ 59606162636465 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ