ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私
「ふっきれたみたいね?」
「…はぃ」
 ミィナが唇を離し。そして、尋ねた。
「ヒロミさんの愛する彼が、ふたりに分裂したらどうします?」
「なになに? 分裂って? 一人が、ふたりになっちゃうってこと?」
「うん」
「そうね~… うぅーんむ… 一本が二本になって大満足♪ で、どっちかが死んでも、どっちかは残るし? どっちかが浮気しても、どっちかが… 両方浮気されたら。両方のチンチン切っちゃう! あーでも、それだと、淫乱性の私が、浮気するかな? あははははは」
「あはっ」
 ミィナは底抜けに明るいヒロミに癒されて笑い。そして、もう一つ質問しようとした。
『もし、自分が分裂したら?』
 でも、この質問は聞いても同じだろうと思い、心に留めた。

 玄関まで送られている途中、開け放たれたドアから。彼女の仕事場。事務机でパソコンに表計算のソフトが立ち上がっているのが見え。何気に覗くと、
「今ねやっかいなソフトとにらめっこしてたの。アタシ機械オンチだから、もう頭が爆発しそうよー!」
 ミィナはそう聞かされ、
「触ってもいいですか?」
 ヒロミを見つめると、
「え? またぁ~ あぁ~~ん」
 彼女は勘違いしていた。
「…あ。違います。あれを」
「あぁああああ…」
 ミィナはヒロミが驚きを隠せないことに気づかず、パソコンの前に座ってしまい、たくさんの数字が手書きで書かれたノートを見ながら、ソフトを手際よく動かしていった。
「…得意なんだね」
「えぇ。こーいう仕事してましたから」
「…そう。でもね、あなた大変な物見てしまったわ…」
「え?」
「それ、うちの裏帳簿なの…」
 ミィナは顔を蒼ざめさせていた…。
58
最初 前へ 55565758596061 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ