ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私
 あそこからの雫が、ポタッ ポタッとカーペットを濡らし染みを作ると、大きな窓のカーテンが開かれ、まばゆい光の街が広がった。
「キレイ」
 駆け寄ったミィナは窓に手をつき、その光景を見つめた。遠くに二本の大きな塔が立っていて、そのイルミネーションが空を貫いていた…。
「気に入ってくれたね。この夜景。評判なんだ…」
「でも、君の方がもっと。キレイだよ…」
 鏡のようになった窓の中から見つめられてるミィナは、ふたりがスーツを脱ぎ始めるのを見ていた。全部脱いでしまった彼らのあそこは、大きくそそり立っていた。
『ぁあん』
「あなたのしもべに」
「なんなりと、ご命令を」
 ふたりは胸に手を当て、彼女の後ろでひざまずいた。
「あはっ。女王様って、そんなこと言われてもぉ。何言っていいかわからないわ~」
「あなたがしたいことを望めば」
「あなたが、されたいことは?」
 ふたりはそのままの姿勢で、頭を垂れ、手を差しのべた。
「そうやって、また言わせる気でしょ? ずるぃんだからぁ~ ずるぃずるぃ~」
「しかし、言っていただけないと」
「このまま動けません」
 手がさらにミィナの方に伸びた。
「もぅ~ いけないナイト様たちねぇ。私は、ユタカが好きです。大好きだから…」
 ミィナは、彼らの手を握り、
「身も心も捧げます…」
 と、男たちの手にキスをした。
「はい」
「はい」
 ユタカたちが返事をすると、ミィナは着てる服を脱ぎ始めた…。

背中のジッパーにもたつくと、一人がが下げてくれて、もう一人は、服を持ちスルスルすとんっと落としてしまった。編み上げ紐がデザインされたコルセットにも見える、カップの無いオープンビスチェは、ミィナの胸を、かたち良く露出させ、紐の合間に肌が見え、とても艶かしく…。ガーターベルトは、複雑で、扇情的な柄の編みタイツを支え、ショーツを履いていない淡い毛の下の割れ目から蜜を光らせていた…。
「忘れれさせないで。
 あなたを…。
 私は、ずっと、ずっと前から、あなただけの物。
 あなたは、私だけの、ユタカ…」
 ミィナはふたりを手招きし、こっちへ来てと誘うと、バルコニーに通じる窓を開けた。心地良い風が吹くと、レースのカーテンがバタバタ揺れ、ミィナの体にかかると、彼女の体のラインを浮き上がらせた…。
53
最初 前へ 50515253545556 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ