ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私
私は彼の良い子。
でも、良い子なのに、いけないあそこのことを
君の”悪い子”と口癖のように彼は言い続けた。
蜜を溢れさせてる悪い子は、
綺麗にしなきゃねと、
彼にお掃除してもらっている…。
「あぁ だめ イクッ!」
「うんうん いかないとご飯おあずけだよ?
 今日はオムライスとクリームシチューですよん♪」
 ブラウスの上から顔で胸を刺激し、
あそこをを攻め立てる彼…。
いやらしい。
ほんとにいやらしい
粘着質な悪い子の音…。
たまらなく好きな自分の音…。
『んぁあ~』
 私は、あっと言う間に果て、
彼にしがみつくと、体はピクピクと痙攣(けいれん)していた…。
指で絡め取られた蜜は、
「好きな匂いだろう?」
 鼻先に近づけられ、
「ん。えっちな匂い…」
 その大好きな匂いにまた興奮し、
汚れた指を口に差し込まれながら、
そのまま唇を重ねてくる彼。
「美味しい。おししいよ」
 彼も興奮してる。
「ぅん」
 溶けたままの私が答える。
「さぁ ごはんだ。お風呂はまだだよ?」
「はぃ…」


 彼は、欲しがってると分かっている。
『その目は僕のここに向けられてるね? でも、まだだよ』
 とでも言うように、ニヤついている。
「さ。冷めないうちに食べよ」
 彼にお尻を撫でられ、
テーブルに着かされた。


 私と彼は、互いの両親も認めてる仲で同棲中だった。
彼、山北ユタカは多少名のある作家で、
単行本や書籍を数冊出し、
今も連載を抱えこの自宅で執筆していた。
だけど、それだけでは食べていけないので、
私。神岡ミイナは今も雑誌社の編集として勤めに出ていた。
たまたま、彼の掲載小説を担当したとき
そーいう関係になってしまい、
今に至っている。
私は彼を尊敬し、愛している。
料理も得意だったし、お家の雑用もこなしてくれて、
私はその手のことが苦手…
少しだけど…。
私には、とーってもありがたい存在でもあった。
5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ