ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私

 ユタカはズボンを元に戻すと、走ってる車内を助手席へと移動した…。もう一人はズボンを下ろし、自分のを取り出すと、ミィナの尻をつかみ一気に挿入した。
『ぁあああああああ』
 前の穴に、肉棒の出入りを繰り返され、髪を振り乱し悶えるミィナの滲ませた汗は、露出した肌を、暗がりに射す光で時おり照りかえり、ヌラヌラとした怪しい輝きを放っていた…。
ぐちゅぐちゅにこすれ合う音が激しくなっていく…。
「うっ! 出すよ。ミィナ いいね!」
 ユタカの出した体液が、ミィナの中にドクドク注がれていった。
ハァハァハァ…。
 ユタカもミィナも疲れ果て、重なったまま、後部座席に倒れ込んでいた…。


 タクシーを、予約を入れておいたホテルで止め。再度チップを弾み、清算すると、ミィナが落としたサングラスに気づき、拾いあげた。運転手はニヤニヤしながら、チップを自分のポケットへ放り込み、話しかけてきた。
「稼いでるねぇその女。前も乗せたことあったな。ズコズコバコバコ涎垂らしてたぜ。両方の口から。ひひひっ」
 運転手は、ぐったりして抱えられて立つミィナを見て舌なめずりしていた。
「なっ! なに言ってる。きさま!!」
 運転手の胸倉をつかみ上げ、拳を振り上げたユタカだった。運転手は慌てて、
「またどうぞー ××××の糞野郎ども~ ペッ!」
 唾を吐き、走り去ってしまった…。タクシーの屋根には”個人:城タクシー”と、書かれた看板が乗っていて、後を追おうとするユタカを、もう一人が引き止めた。
「ほっとけって! 嫌がらせだよ。ただの…」
「くっそーあの野郎!」
「ほら、ミィナ抱えてるから。先に、フロント行ってくれ」
「…」
 怒りがおさまり切らない男は、肩を怒らせ自動ドアを開けた。
49
最初 前へ 46474849505152 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ