ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私
 体を綺麗に拭かれ、ナイトガウンに着せ代えられたミィナは、奥の部屋のベッドで眠らされ、夢を見ていた…。
『どっちかが先に死ぬのかな?』
『分からないけど、どっちも一緒に消えて無くなるんだよ。きっと』
『そうだね。きっとそうなんだろうね…』
『いっしょに暮らせないの? いつ死ぬか分からないなんて。怖い…』
『無理よ。でしょう?』
『ふたりがまったく同じ人格でも、個性が出てきてる…』
『そうだね…』
『肝心なのは、あなたがユタカに抱かれたら…』
『きっと』
『私が…』
『私を殺してしまう…』
『独占欲の塊…』
『嫉妬の塊…』
『私は女』
『ただの女…』
『あ。それとね、どっちが分裂した方だか分かる方法を、たまたま知ったの』
『えっ。どんな?!』
『えとね。指を組んで。親指が右上にくるほうが本体』
『逆が…』
『そう』
『…だから~何?』
『うん。だからってどうにもならないよね』
『あはっ』
『うふっ』
『さよならだね私…』
『うん。さよなら…』
 腹の上で手を組み、死んだように眠るミィナは、右手の親指を上にしていた…。
48
最初 前へ 45464748495051 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ