ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私
「いく!」
 ミィナは、両方の穴をつらぬかれ、快感の頂点に達そうとしていた。
「いくの? やっといくのね。いいわ。いいわ。果てなさい。心と体が一つになるの。緊張が解けて、嘘も照れも無いあなたになれるの。開放してあげて。心の中に閉じ込めてる物を吐き出すの。あなたしか知らない所へ逝くの!」
 ヒロミはミィナにディープキスし、ベロベロと舌を伸ばし一方的に口を奪った。
「ぁああああ! ぃくぅう!!」
 ミィナは果てた…。
その瞬間目隠しが外され、
絶叫と同時に体をのけ反らせると、
ふたりに挿入されたまま、
我慢していた。
小・水。黄色い液。おしっこを撒き散らしていた。
ビシャーーーーーッ
シャーーー
『あぁぁあああぁああああー』
 絶頂に達したミィナは開放感で緊張が解け、そのままぐったりとカオルに倒れ込んでいった…。
「あぁ。可愛いわ。可愛いの。ミィナ。あぁああ イク イク イク あたしもいくぅううう」
 ヒロミはミィナの頭を撫でながら、腰の動きを早め、
「おねーさま。あたしも逝きそうですぅ~」
 カオルは腰を動かし続け、ミィナを抱きしめた。
「はぁはぁ。気持ちいい。気持ちいぃいい。はぁはぁはぁ、僕も行きそう。精・子が上がってきてる!」
 絶頂を望む三人は、失神してしまったミィナを貪りながら、次々に果てていった…。
47
最初 前へ 44454647484950 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ