ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私
 ヒロミは、ミィナの後ろの穴に指を挿し、前の穴を執拗に責めはじめると、カオルはミィナの背を静かに押し、を四つん這いにさせ、
「待っててね。おねーさま」
 そう言うと、ミィナの尻を撫で、隅っこに置かれていたキャスター付きの台をステージへ引き寄せた。二段ある棚には”大人の玩具”が整然と並べられ、ボンデージ姿の女は、小さくて平べったいローターと、医療用テープを取っていた。
「うふふ~ん」
 そのおもちゃは、電源部から二つに枝分かれしていて、片方ずつをミィナの胸の先。硬くなった敏感な部分にテープで固定されると、唐突にスイッチが入れられた。
ブブン
小刻みな激しい振動がミィナを襲う。
ブブブブブブブ
「んぁぁああああああ」
 体をビクビク揺らし、自分の体では無いように思えるほど感じはじめていた…。
「はじまったばかりですよん。ミィナさまん」
 カオルはもう一つ。丸い頭のローターも取りペロペロ舐めると、し・りの穴にもあてがいスイッチを入れた…。
「こちらはどうかしら? あぁああん こんなに汚して。こっちも感じてきちゃいますぅ~」
ブブブウーン
「ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・ぁ~」
 身をよじるように喘ぐミィナ。
はぁはぁはぁはぁ
 息を切らす女たち。
互いの快楽を共有し合ってく…。
「下さい。下さい。下さい。下さい。んぁああああ」
 ミィナの切なげな思いは、あれを求めていた。
「マスター。あなた来て~ スケベ牝猫を犯してあげてー」
 ヒロミはカオルからローターを受け取ると、ま・ん・こから顔を離さずにし・りの穴を責めたてた。
カオルはうっとりしたまま、ミィナの唇を奪い舌を絡めあわせた。
「ずっと見てたよ。可愛いミィナさん。あなたの想いが伝わってきますねぇ…。でも、あなたの殿方は”お毛”には興味なかったみたいですね。ツルツルにしたいですねぇ。良かったら剃りましょうか? もっとやらしくなれます。フフッ」
 ミィナのそばへ来たマスター。彼女の股を覗きこみ、毛先を弄りながら言うと。指先に糸を引く蜜が付着していた…。
「すんごぃ…。ほら、毛先までこんなにトロトロのお汁がぁ。ほらほら。あっ見えないか。ふふふ」
 マスターはその指を、キスを交わすミィナとカオルにしゃぶらせ、
「美味しいでしょう? 自分の垂らした淫乱な蜜。フフッ」
 そして、ミィナの耳たぶをかじりだした。
44
最初 前へ 41424344454647 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ