ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私
「あぁあああ。私は、ミィナ…。アイじゃない! ミィナ! 二人を愛したの。アイシテル。アイシテル。ユタカァ!」
「ミィナ! そうよ、そう。心の中にある黒くて重い物を吐き出して、蜜に変えなさい。覚えてしまったものは消えないの…。もっと気持ちよくなりたいでしょう?」
「まぁ。なんて強欲なお方…。二人を同時に愛してしまうなんてぇ~ ただの淫乱おねーさまなの?」
 ミィナの胸を愛撫していたカオルが何気に自分の股間を見ると、
「ヒロミ様見てここ見て。あたしのここミィナ様が、いやらしいことしてる~ ぅふふ」
 ミィナは、カオルのディルドをしごいていた…。
「欲しがってるのねぇ…。思いなさい。思い出しなさい。あなたが愛した男たちのことを…」
 ヒロミとカオルの愛撫が続く。
『欲しいよぉ。欲しいよぉ…。いっぱい蜜が溢れてくるよぉ』
 自分の中にある暗闇のステージに、鳴り止まない卑猥な音。音。音。責める二人の女の姿は、いつしかユタカたちに変わっていた。
「私は嫉妬深い女! うぐぅ」
 ミィナが思わずそう言いかけたとき、
「ほら。飲んで…」
 ヒロミに、今度はボトルの水を飲まされはじめると、ゲボゲボ吐き出したが、妄想の中のユタカたちが囁きはじめた…。
『飲みなさい。飲みなさい…』
『お腹がたぽたぽになるまでだ…』
『見るよ』
『見てあげる』
『そしたら、言うんだよ』
『見てくださいって』
『こんなにいやらしい自分を。って』
『あそこを開いて言うだよ』
『全部捧げますって…』
『私は玩具ですって』
『僕らのおもちゃですって』
『愛してるよ。ミィナ』
『どこにも行かないで!』
『僕らだけのミィナ!』
 ゴクゴク喉に水を通していき、零れ落ちる水でミィナはキラキラとライトに照りかえり、肌に絡みつく髪の毛がとても、いやらしく見えていた。
「綺麗よミィナ」
 ヒロミが言うと、
「美しい」
 ミィナの悶える姿を見ながらカオルも言った。
「あぁ。もう無理です。うぅ… はぁはぁはぁああああ ください。ください。硬いのをください! 前にも後ろにもぉー」
 ミィナの激しい衝動に、
「あらまぁ。やっぱり。こっちの穴も開発されていたのねぇ。どすけべミィナ。うふふふふ」
43
最初 前へ 40414243444546 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ