ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私
「そ、それは無理。汚いから、見せれない…」
「そうですか…。なら、パンティーの匂いを嗅いでみてください…。染み出した蜜。アイ様ご自身のにおい…」
「におぃ…」
『好きだよミィナ。ミィナのここの匂いがたまらないよ』
 ユタカの声が聞こえた…。
「ハァハァハァァ あぁん」
 息が荒くなり、甘い吐息が漏れはじめた…。
「ユタカ!」
「嗅いでごらん。あなたの彼たちも、その匂いが大好きだったと思うわ」
 いきなり裸の背中をヒロミになぞられ、胸を押さえ体を硬くしたミィナは、並々とグラスに注がれたワインを飲まされ。赤い液体を口から溢れさせると、それをすぐに舐め取っていくヒロミは、スーツ姿から、スパンコールで縫われた露出の激しいミニドレスに着替えていた。
 ワインの雫が火照った体に滴り落ちる…。
『あぁあああ』
「アイ様… きれい…」
 カオルが近づき空のグラスにワインを注ぐ音がすると、私が持ったままのショーツは、誰かに取られてしまった…。
「ぁぁああ」
「さぁ。もっと感じさせてあげる…。私たちはここにいないの。居るのはあなただけ。自分しか見えないように、もっと大胆にしてあげる…」
 ヒロミはワインを口に含み、口移しでミィナに飲ませると、カオルは首に巻いていた赤いスカーフでミィナの目を閉ざした…。
「あぁ こわぃ…」
 私は怯えた。でも、体の奥がジンジン熱くなり、蜜が溢れ出すのが分かった。
「そうね。怖いわね。でも、あなたの心に問いなさい。なぜ、ここに居るのかを。そうでしょう?」
 ヒロミは、カオルの腰から突き出た部分をミィナに握らせると、ミィナの前に座り込み足をむりやり開いた。
そして、目の前の膨らんだ部分の割れ目に、舌を突き挿す。
「ぷっくりしてるわぁ。興奮してる証拠…。美味しぃ…」
 カオルも、そこを見ていた…。
「あぁあああああ」
「美味しい。おいしいわぁ。舐めたかったの。舐めたかったの。アイのここ。あなたのほんとの名前を教えて。嘘はだめ。教えて!」
「私の名前もほんとうなんです。本当の名前はあなたを解放する…。教えてもらえますね?」
 カオルはミィナの胸を揉みしだき、硬くなった先端を甘噛みした。
『いゃー おかしくなる。おかしくなる』
 二人の執拗な責めと、問いにミィナの頭は何も考えられなくなっていった。
42
最初 前へ 39404142434445 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ