ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私
「あの子も相手が気に入ればOKなの。マスターも、あなたが特に気に入ったみたい…。とっても刺激的なことができそうよ。ご飯でも食べて、それから。うふふ」
「お腹は空いていません…」
 私が呟くと、ウェイトレスが、飲み物を持ってきて、テーブルに並べていった。
「ごゆっくりどうぞ。ヒロミ様。アイ様」
「ありがとう」
「ありがとね」
 ヒロミがワインボトルを傾けると、二つのグラスを赤い液体で満たしていき、片方をミィナにさし出した。
「飲んでね。それとも、こっちにする?」
 水のボトルを指さすヒロミ。
「もうお水は…」
「できるだけ水分を取らせたいの…。意味分かる?」
『あぁ』
 私は、戸惑いを隠せなかった。
「この子は。カオルちゃん。あなたも見たいでしょ?」
 ヒロミがウェイトレスの顔を見ると、
「アイ様がお店に入って来られてから、ドキドキしています…。きっと、普段とは違う顔をされるんだろうなって…」
 カオルは、さっきからずっとミィナを見つめていた…。
「違うあなたに乾杯」
「…」
 ミィナは、ワインを一気に飲み干した。
「我慢できないのね? うふふ」
 ヒロミは立ち上がり、私の手を取った。
「いらっしゃい」


 私は、ステージに立たされた…。
『まぶしい!』
 スポットライトで照らされた瞬間、顔を手で覆うと。他の照明はほぼ落とされた…。
「お脱ぎなさい。全部脱いで…」
 目の慣れない暗闇から、ヒロミの声がした。
「はぃ…」
 ブラウスのボタンを外していく私…。
スカートに手をかけた時、ヒロミが言った。
「ミニスカートに履き替えたのは、触られやすいと思ったからでしょう?」
「あぁあ… うん」
 いい当てられ、声が震えた。
「なぜ、あたしの誘いに乗ったの? アイがいやらしい女だから? 刺激が欲しかったの?」
 私は、うなずきスカートを床に落とした…。
「形の良いお胸ですね。アイ様。素敵…」
 ブラを外すと、カオルの声がした。
『見られてる!』
 そう思ったとたん、体の奥が熱くなり、パンティーに手をかけていた。
「濡らしてますか?」
 マスターが聞いた。
「気持ち悪いくらい…」
 私は素直に答え、パンティーを足から引き抜くと、
「下着… 汚した部分を見せてください? とても、見たい…」
 カオルに、そう言われてしまった。
41
最初 前へ 38394041424344 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ