ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私

 大きな街の雑居ビル。地下へ下りて行き、人気の無い廊下の入り口で急に抱かれた。
「逃げないようにオマジナイ…」
 ヒロミはディープキスを求めた。
私たちは、ひとしきり互いの口をむさぼりあい、舌を絡めあった…。


 幾つかのドアが並ぶ長い廊下で、彼女の携帯が鳴り、すぐそこだと指さされ、先に歩いていると、短く話しを終わらせた彼女がそそくさとやって来て、
「あなたの歩き方。とても綺麗ね」と言ってきた。
 私が不思議な顔をしていると、
「ここよ」
 と、立ち止まる彼女だった。
そこは、看板も名前も無いピカピカに磨き上げられた、場違いのように見える金属の扉。目の高さに小窓が仕込まれていて、ドアを叩くと、そこがスーッと開いた。
「ただいま~」
 女が告げると、
「お帰り」
 覗いたスタッフが、笑顔で招き入れてくれ、女はここの常連らしかった。
「良い子いたの。上物よぉ~ 連れてきちゃった。ふふっ」
 彼女に背を押され、私を見た中年の男は、
「お。美人さんですねぇ。いらっしゃいませ。楽しんでもらえると幸せです。さ、どうぞ。どうぞ」
 そう言いながら、ヒロミ目配せしていた…。


 薄暗い店内にはカウンターがあり、豊富な種類の酒が棚に並び、ステージに、スポットライト。大きなスピーカーや、ミラーボール。奥まった所に、淡い紫やピンク色の反射光が照りかえ、幻想的に見えるな部屋の入り口も見えていた。
「ショーパブ?」
 私は、単純にそう思った。
「ここはハプバー。ハプニングバー。来たことある? 男女が入り乱れて、なんでもできちゃうお店…」
 カウンターには座らず、ボックスのソファに腰掛けると、客はだれもおらず、貸切状態だった。暗がりから、真っ赤なボンデージスタイルのグラマラスな店員がやって来て、注文を聞いてきたが、その子の股から”ディルド”が突き出ていた…。
「私は、お腹すいたから。何か適当に持って来てよ。有り合わせでいいから。あと、いつものワイン。アイちゃんの分もね。それと、美味しいお水どーんっと持って来てね。冷えてるの」
 私は、ミィナではなく、アイと名乗っていた。
「はーぃ」
 女の子は去り際に、反りあがった股間をヒロミに撫でられ、お盆を胸に当てイャ~ンと身をよじらせた。
40
最初 前へ 37383940414243 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ