ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私

「何か飲む?」
 ミィナがうなずくと、背の高い女は自販機から、水を買ってきてくれた…。
「私、変な人じゃないわ。強面に見られるけど。うふ。こーいうことが、好きで好きでたまらない。アブノーマルラヴァーの、おば… おねーさんよ。ほんとの名前はヒロミ。あなた初めてでしょ? ここで帰るのが懸命かもしれないよ… 残念だけど。うふふ」
 飲んだ水は体に染みわたり。やっと私は口を開いた。
「彼が二人いて、おかしくなってしまったんです…。たまらなく好きになった二人の彼に…」
「そ、そうなの。あなたもやるわねぇ。二本のあれを咥えこんでいた訳ね。玩具にされちゃったのかしら?」
「そんな感じ…」
「愛って言葉は便利なのよね。一回言ってしまえば、なんぼでも言える。嘘ならたくさん。ほんとなら、もっと。でも、気を許してしまえば、信じてしまうしかない魔法の言葉…。愛を盾に、どっちかの彼に命令されて来んでしょー? そうでしょー。やらしいわぁ」
 女はミィナを、舐め回すように見ていた…。
「…」
 水のボトルを見つめたまま、影を落とすミィナ…。
「…別れた。捨てられた。死に別れ。人生色々。これ以上聞かない…。 じゃあ。またどこかで逢いましょう。これでも、忙しいの。うふふ」
「ホテル…」
「ん?」
「行きませんか?」
 私は彼女を見て言った。
「んふっ。入り口で消えてもいいわ。慣れてるから。あなたにお似合いの所がある。それ飲み干してね。全部…」
「…」
 残っている水を無理に飲み干してる間。彼女は携帯で誰かに連絡を入れていた。
39
最初 前へ 36373839404142 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ