ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私
「いやらしいね…。こんな所で蜜を溢れさせ、悶えてるなんて…」
 ベチョベチョのあそこ…。
「言って。ミィナ。どうして、こんなに感じてるのか…」
 クリをきつくねじったユタカ。
「あぁ。俺も、聞きたい… あぁ。ミィナ、気持ちいいよ。たまらないよ」
 舐められてるユタカの切ない声…。
『苛めないで! 苛めないで! 苛めないで!』
 かき回す指が抜かれた。
「さぁ。今度は僕のを舐めて…」
『…』
 考える力も、力も出ない、ふらつくミィナは二人に抱えられ、もう一人の股に顔をうずめると、顔中でそれを愛撫していった…。
『スキ。スキ。スキ』
 ミィナはユタカのベルトを外し、ズボンを降ろした。
下着を履いていないユタカの硬い物がそそり立っていた。
それを、ギュッと握りしめると、玉の下側に手を添え、丁寧に、丁寧に玉から舐め上げていった。
吸い付いては転がし、舐め上げては肉棒をしごいた…。
「気持ちいいよミィナ。気持ちいい。ハァハァハァ」
 もう一人のユタカは、ミィナの後ろの穴に指を突き入れた。
『あぐぅ』
「お尻も、覚えてしまったね。前と後ろはどっちが好き?」
 前の穴にも指を、今度は二本挿し込んだ。
「感じてる君が好きだよ」
 かき回すユタカ。
「恥ずかしがる君が好きだよ」
 指を出し入れするユタカ。
「どんどんおかしくなっていく君が、たまらなく可愛い」
 後ろを撫でるユタカ。
「もっと敏感な体にしたい…」
 肉ヒダを上下左右、奥も、表も刺激していくユタカの指使いは、とても、とても激しくなり、前の穴の上側をえぐるように刺激していった。
『あぁああああああ』
「匂うね。ミィナ」
『いゃあぁぁぁぁ』
 ミィナが肉棒の先端に舌を絡め激しく吸いはじめた。
ユタカの喘ぐ声が大きくなっていく。
『ぃく! いく! あぁああああ。ぃく!』
 ミィナは尻を跳ね上げ、潮を吹いた。そして、彼女は果てた…。
飛び散った潮をユタカは被っていたが、ぐったりとした彼女は、ゆっくり肉棒から口を離すと、口元に白濁した液がこぼれ糸を引いていた…。
37
最初 前へ 34353637383940 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ