ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私
「キャッ」
 腰が前に滑り、あそこが自然と前に突き出てしまった。
その格好はまるで、子供が両親にさせてもらう。お・し・っ・こスタイル…。
『ダメー』
 ガラスの城、それはタクシーのことだった。
彼らはミィナの両方の耳に、それぞれキスをした。
ゾクっとする刺激が体を伝い、首を振って逃げようとするが、どちらに振り向いても、どちらかに追われ、執拗に責められた。
足は、押さえつけられたまま閉じれない…。
「ミィナ」
「ミィナ…」
「ミィナ」
「ミィナ」
「…ミィナ」
 なんども、なんども名を呼ばれ、それだけでも感じるのに、舌先でくすぐられ、息を吹きかけられ、耳たぶを甘噛みされ、舐め上げられ、キスの雨降り注ぐ…。
『ハァハァハァ。ぁん』
 ミィナの口から甘い吐息が漏れはじめた。
もがく手がいろんなところに触れ、彼らの股間に当たってしまった。そこは、硬く盛り上っていた…。
「感じて…」
「感じて…」
「可愛いミィナ」
「自分の快楽に堕ちて行って…」
「君しか辿り着けない場所へ」
「僕らは、それを引き出したいよ」
 ユタカはミィナの顎を自分に向かせ、唇を噛み、舌を絡めていった。
「僕らなりに考えたんだ。なんで分裂したのだろうって…」
 ユタカは、反った首筋に舌を這わせ、耳元で囁いた。
ユタカの唇が離れ、もう一人のユタカも、唇を奪った。
「僕は君が心の底から愛しかった…。いつか、自分。僕から離れていくのかもと、どこかでそう思いだしてしまっていたんだ…」
 ディープキスをされ、もう一人が囁く。
「その思いはどんどん膨れ上がっていったよ…」
「…離れたくない。そう願いだした僕は、二人になっていたんだ。いつの間にか… 多分これが原因…」
「でも、今となってはどうでもいいことだよ…」
ハァハァハァ
 言葉の節々に、二人荒い息がかかる…。
狭い車内にギシギシ軋むシート。
互いの衣服が擦れあう音。
誰かに見られてるかもしれない…。
時折揺れる車。
交差点のクラクション。
誰かの笑う声。
今、歩道の誰かと目があったかもしれない…。
流れゆく街明かり。
光と影が三人を照らしては隠し、信号で止まるたび、運転手に視姦されるミィナ。
34
最初 前へ 31323334353637 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ