ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私
「お待たせしました」
 大きな箱包みがカウンターに置かれ。店員は紙袋に詰めようとしていた。
「お願いがあるんですが」
「なんでしょう?」
「着替え手伝ってもらってもいいです? あそこで」
 ユタカは、財布から出したカードで”そこ”を指していた。
『えぇー そうか。そうだよね… 着替えるんだよね。ハァ』
 その様子に気づいた二人は、離さないよと言わんばかりにミィナの腰を抱き、にっこり微笑んだ。
『あーん。笑ったー。笑ったよ~ ヒャー』
「あ。はぃ。構いませんよ」
「ありがとう」
 会計が済むと、もう一人の店員が出てきて、
「こちらへどうぞー」
 と、ミィナをフィッテイングルームへ案内して行った。
その間、二人はソファに座って待つことにし、備え付けのシガーケースを開けると、本当に細い葉巻が入っていた。
「どんな顔して出てくるか…」
「待つしかない…」
 互いに火を付け合うと、思いっきり吸い込んでしまい、
「ちがう。ちがう。葉巻って吹かすんだった」
 ゴホゴホ咳こんでしまった…。


『何が入っているのよ? 嵩(かさ)があるなぁ』
 小部屋で箱を開けたミィナは、薄紙に包まれた真っ黒な衣類を取り出し驚いた。
『あぅ!』
 握りしめていたのは、ショーツと、ガーターベルト。箱の中にはまだまだ入っていて… そう、中身は下着一式から、洋服までの”全部”がそこにあった…。慌ててメインの服を引っ張り出し、鏡にかざすと… 一見ミニスカワンピ。ゴシック調のドレスだったが、白いリボンがいっぱいあしらわれていた。
『なななななにこれ!』
「イャー」
「お客様どうかされましたか? お客様?」
 小さな悲鳴に、ユタカたちは煙をくゆらせていたが、目は泳いでいた…。


 渋々着替えたミィナは、
「お似合いです♪」と、店員に言われ、顔を真っ赤にしていた。するとサービスなのか、軽く髪を整われ、メイクまで直してくれた。
『絶対着ることの無い服… あぅー 彼らが絶対見ることのできない服って…』
 鏡の中に別人が写っていた。
32
最初 前へ 29303132333435 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ