ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私

 地下鉄に揺られ、黒尽くめのまるでボディガードか、SPのようにも見える男に挟まれ、おかしな感じの三人連れは、マンションを出る時からずっと何も話さなかった。
参堂の駅を地上に出てからも、ただ、手を繋いで歩いた。
その手のぬくもりだけが、互いを安心させているように思えた。


 横道にそれ、裏道の一角へさしかかると、真っ黒な外観の
”Black Clothes”という名前の店が目についた。
ウィンドウスペースに、黒色だけのドレスがセンス良く並べられていて、たぶんここだろうと思った。
「も・ふ・く・や・さん?」
 私は呟いていた。
「喪服屋ではないけど。素敵だろう?」
「うん。あのメイド服可愛いな。色が黒しかないってお店なのね」
 ユタカたちはうやうやしく店のドアを開き、私を先に通してくれた。
「スイマセン。ネットで注文した品を取りに来ました」
 店内の奥まった場所にあるカウンターで、店員に名前を言うと、
「いらっしゃいませ。はいヤマキタ様。お待ちしておりました。少々お待ちください」
 と、棚を探し始めた。
「俺らが絶対に見られない服」
 店員とやりとりをしていたユタカが振り向いて言った。
「生前葬をやろうとしていたの?…」
「そんなとこさ。三人だけの」
 隣に立っているユタカが言った。
「贈り物。気にいってくれると良いのだけど」
「よくこんな店知ってたね」
 辺りを見回しながら、ミィナが言った。
「この店は古いんだ。様変わりはしたけど。母がここで縫い子してたこともある」
「あーそっか。この辺ってあなたの実家界隈だったね。忘れてた」
「母にばったり会うかも」
「きっ、緊張するようなこと言わないでよ~ もぅ」
「ふふっ」
「あはははは」
 私たちはとっくに、元の私たちに戻っていた。
31
最初 前へ 28293031323334 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ