ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私

 マンションに戻ったミィナがドアを開けると、下着が一枚転がっていた。
『ブラ?』
 拾い上げると、寝室のドア前にも、下着が数枚転がっているのが見えた。
『ははぁーん。きっと、悪戯ね~ まだいるんでしょう♪』
 リビングへ向かうまでの廊下の途中に彼らの書斎があり、驚かそうと思い。そのドアを一気に開いた。
「コラ~♪」
 広々とした仕事場。カーテンは閉じられ、薄暗い室内に二人の姿は無かった…。
「いない…」
 彼たちの居ない部屋が滲んでいく。
ミィナは涙を溢れさせていた…。
『今日が最後のデート…』
そう思うといてもたってもいられず、
「とりあえず急がなきゃ。遅れちゃう」
 落ちてる下着を拾い集め、寝室へ入ると、部屋中に衣服が散乱していた…。
「えぇ~ 生理整頓掃除好きなダーリンズなのに~ これちょっとやりすぎ…」
 開いたクローゼットから服が散乱し、タンスからは下着… あるべき所になければいけない物が、こぼれ落ちていた。持っていた下着をベッドに放ると、タンスの上から二番目。大事な貴重品置き場に目が止まった。
『まさか!』
 中をごそごそかき回し、辺りを見回したが、あるべき物が無くなっているのに気づいた。
「無い…」
 通帳と印鑑が消え、横にあるドレッサーの開かれた棚をそーっと覗き、ついにへたり込んでしまった。
『宝石も… ユタカにもらった大事な大事な… ドロボウだ… 悪戯なんかじゃない。本物ノォー!』
 ユタカに連絡しようと携帯を取り出したが、怯えて手元が震え思うようにかけられないミィナだった…。
27
最初 前へ 24252627282930 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ