ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私

 地下鉄の車内で手摺につかまり、トンネルに入った時、ガラスに映りこむ自分の姿をしげしげと見つめていた。
『いくら会社に行く服装だとは言っても、この格好じゃ…やだなぁ… 髪だって梳かして来てない! はぁ~ 女にはそれなりに準備が必要なの… 仕方ないか…』
 何かを決心したミィナは、次の駅で降り、歩きながらメールを送信した。
[ごめん。遅れます><; 一時間くらい…たぶん]

「ん?メールだ。ミィナだ」
「遅れるってだろう?」
「そうそう」
「ちょっと不都合なことがあると、直接じゃなくメールしてくる癖あるよね ふふ」
「そうだな。そこが可愛い。ふふっ」
「きっと家へ寄って来るのではなかろうか?」
「そんなことしなくて良い贈り物なのにな」
「ま。男子は男子で、スペシャルプランを煮詰めておきますか?」
「そうだな。ところでこの花、お前持てよ」
 ユタカは、ユタカに、持っている小ぶりな花束を差し出した。
「花を持つ俺は格好いいょー惚れそうだ。そう言う事で、君が持っていたまえ」
「同じ容姿だろ。たく… あ。お前も買え」
「え? やだよ。照れますがー」
「買え!」
「えー 俺は、これ渡す係りだろう?」
 スーツの腰ポケットをポンポンッと叩いた。
「いいから」
「分かった。分かったよ。しつこいね俺は」
「うむ…」



 YUTAKAsは来た道を戻り、同じ花屋で、おんなじ花束をこさえてと注文すると、もう一度来た客におばさんは、愛想良く接したが、さっき初めてここに来た時と同様。二人の顔を見比べ、
「そ、それにしても、良く似た双子さんですねー びっくりしましたよ~」
 さっき言いたかったことを話してくれたようだった。
「僕らドッペルゲンガーなんです。分かります? どっぺるげんがぁ~」
 ユタカが最後の言葉に声色を使い切り返すと、奥に居たスタッフの子が急に吹き出し、おばさんに、コラコラとたしなめられてしまった。
「すいませんねぇ~ 近頃の若い子はもぅ」
「いぇいぇ。僕ら今日プロポーズするんです。一人の女性に」
 おばさんは、「それはそれはおめでたいわ~」と、にっこり微笑んでいた…が、『???』って顔しながら奥の作業場へ入って行った…。
26
最初 前へ 23242526272829 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ