ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私
『はぁはぁはぁ…』
 電車が幾つか目の駅に止まった時、ヒロが言った。
「降りましょう」
 ふらふらのミィナは返事もできず、抱えられるようにベンチへ座らせてもらっていた。
「ホテル行こう。ね? あたし、まだいってない…。あなたを全部見せて…あそこ舐め回したいの。男の本物が欲しいなら呼べるわ。ねぇ…いいでしょう? いやらしいことたくさんしたいのでしょう? あたしも…」
 女の説得にじっと目を閉じるミィナは、いつのまにか目印の人形を引き千切り、握りしめていた…。
25
最初 前へ 22232425262728 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ