ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私
男だと思ってた相手は、教えられてた年齢よりも若く見える男装の”熟女”だった…。
『ごめんね。そのスカート似合ってるわ。ロングスカートって言っていたよね? 取り決めた服装と違ったけど、あなただってすぐ確信したわ』
 彼女は腰を屈め囁いていた。
走り出した満員の電車。
男だと思っていた女から、
逃げることはできない。
身動きすることも…。
抱かれた手が太ももや、尻にまわる…。
私はまだ、自分の今の気持ちを伝えていないのに…。彼女の長い指が下半身を這いまわり、高校の時。痴漢にあった日のことを鮮明に思い出した。
怖くて抵抗することができず、うつむいて、されるがままに…。
今もうつむいてしまっていたけど、吐息が漏れぬようしっかり口を閉じ、私の答えは決まっていて、ヒロと名乗った女性にしがみついていた…。
普通に、普通に何も起こってないように、腰をくねらせ…
早鐘を衝く様な私の鼓動と、彼女の鼓動が重なりあう。
相手も興奮していた。
『感じてるんだ…』
 ミィナは自分の腰を相手に押し当てていた…。
背の高い彼女は窓の外を見てるふりで、服の中から胸や、敏感な部分を刺激し、片方の手はミニスカートの中。
ショーツをぐいぐい引き上げていた。
『ぁぁぁんぁん』
 ギュンギュン奥が疼き、立っていられなくなっていった…。
『いやらしい。いやらしい。いやらしい…』
 ユタカたちの声が聞こえた…。
『誰でもいいんだ… 誰とでも… おかしくなる。おかしくなる』
 ミィナは彼女のズボンの中へ手を滑らせていた…。
驚いた相手は、ねっとりとりしたまなざしで、
『もっとして、もっと。もっと、もっと』
 と、訴えていた。

 互いの部分をいじり合い、感じあう女たち…。
ミィナは女性とするのは初めてだった。
いつだったか、ユタカが望んでいた姿。
彼のしたいことに応えてあげれば良かったと思った。
同姓と交じり合うのは思ったほど難しくはなかった。
自分が望むことをすればいい…。
相手の中に入り込んでいけばいい…。
『ほら、溢れてる』
 ひわいな音は騒音で掻き消え。でも、耳を澄ますと体の中から鳴り止まない甘美な震えに変わる。
『いくぅ』
 口をぎゅっと閉じ、ミィナは果てた…。
人ごみの車内で痴女行為に没頭し太ももまで濡らし、初めての経験に、頭が真っ白になりかけていた…。
24
最初 前へ 21222324252627 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ