ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私

 人波みでごった返す、通勤ラッシュの駅。
寝ぼけまなこでボーッとしてる人。
疲れた青白い顔の男。
元気な女子高生たち。
化粧の濃いOL。
老齢なおじーさん。
雑多な人たちが乗りあう車内に、私は飛び乗り目的の駅へ向かった。


 その駅に着いても、構内を出ることはなかった。約束の場所はこのホームだったからだ。
普段なら乗車する人のことなど気にはしないし、空席を見つけたら真っ先に座り。うたた寝を始めていたけど、今日は違った。
壁に背をもたれたまま、立ち並ぶ人々をじっと見ていると、行きかう男性の視線をチラチラ感じ、”視姦”という言葉が頭をよぎったとたん、ぬるっとしたものが溢れるのを感じた…。
『…違う…ずっとおかしいまま。ずっと… あれから、ずっと…』
 大きめの、真っ黒いサングラスで顔を隠したまま、雲一つ無い空を見上げた。


 数本の電車を見送りしばらくして、やっと目印を見つけ。その後を追った。
相手はすぐに私だと気づいたようだったけど、逆光で顔は良く見えず、奇妙な雰囲気を感じたが、聞かされていたその目印に間違いはないはず…。
いけないことをしようとしてるのに、私の心は裏腹に高鳴っていった…。
携帯で、いかがわしいサイトを見つけ。
数人の男たちと連絡を取り合い、選んだ一人が目の前にいた…。
そのまま私たちは、背後からの乗客たちに押され、反対側のドア側へ押し込まれた。
メールのやり取りで、私は自分の写真を相手に見せなかった。
[決めるのは私]
怖かった。何より怖かった。このまま堕ちて行きそうな自分に怯えていたし、相手を私なりに見極め、ダメだと思ったら会わずに帰りますと、伝えていた…。
相手からの返事はこうだった。
[構わない。じゃあ、細かい決め事をしましょう]


 動きはじめた電車。良く知ってる空間が全く違う物になっていく…。
鞄に付けられていた目印。男性が持つには不釣合いで、派手な人形を握りしめた私は彼の背後から、ドア側。彼の前へと移動した。
顔を見合わせた二人…。
男は一瞬”ほんとに来やがった”とでも言うような顔をしたが、その目はすぐに豹変し、ミィナの腰を抱いていた。
少しきつい顔をしてるなと思った…。
『え!?』
 ミィナの顔が曇り、第一印象で奇妙に感じていたことは、当たっていた。
『ごめん…ダメ?』
 彼の目はそう言いながら、首をかしがせていた。
23
最初 前へ 20212223242526 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ