ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私
 ミィナは、そそくさと身支度し、出入り口の脇にある、出先用パネルに”禿げ!打ち合わせ!”続けて、急用直帰と書き連ね、ペンを元の所へ放り会社を後にした。
『デートするの久しぶり~ ワクワクしちゃう♪ でも、どっちが来る? まさか3人!?』
 エスカレーターから一階へ降りると、大通りの向こうに広い公園が広がっていて、青々した草木が目に飛び込んできた。地下鉄への入り口はすぐそこにあったが、彼女は歩道橋を渡り、公園を突っ切った先にある別の入り口を目指した。
『このベンチで告白されたんだよ~嬉しかったなぁ。私がここでいつもお昼食べてるの知ってって。素直にストレートに言われて、キスまでされちゃった~。アハ。あの時のことを思うと、今でも心がいっぱいになってしまう…
 でも。でも。でも… 思い出になってしまうの?』
 急に走り出したミィナに、そこここにいる鳩たちが驚き、一斉にバタバタと
飛んで行った。
22
最初 前へ 19202122232425 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ