ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私

 大通りから車の激しいクラクションが鳴り響いた。
九階から下を見ると、オートバイがトラックの脇をすごい勢いで走り去って行くのが見え、なんとなくユタカたちのことが心配になり、コメカミのあたりを押さえぼーっとしていたら声をかけられていた。
「神岡さーん ミィナさ~ん 資料できましたよ~」
 男の子が、クリップで留めた紙の束を差し出していた。
「あー ごめんごめん。ありがとう。そこ置いといてー」
「また、偏頭痛ですか? 最近は、頭痛専門のお医者もいますから~ 一回行かれてみたらどうですか?」
「あぁ。そうね、良い所知ってる?」
 その時ミィナの携帯が鳴り、バイト君は軽いスキップで、コピー室へ戻って行った。
『ミィナ? 今日、早めに帰って来れない?』
 ユタカからだった。
「あーうん。ちょっと抱えてるのあるけど、急ぎじゃないからどーにでもなるわ。どーかしたの?」
『今日は、いざと言う日のために、君に贈り物をしたいんだ』
「えぇ! そんなこと言わないでよぉ 何かあったの! もう一人は元気?!」
 ミィナは辺りを気にしながら、挿話口を押さえ、小声で話した。
『もう一人って言われ方が気に入らないが… いや元気。元気。
 このとーりピンピンしてるし、ヒンズースクワットしてる。
 でも、この状況に心の準備は必須だろう?
 俺たちはそう思うんだ』
 もう一人のユタカに代わったようだったが、声で判別することもできない。
「ふぅ~ 心配させないでよぉ」
 ため息を吐いてしまった。
『愛してるよミィナ』
『もちろん俺らね』
 今度は、二人同時に話していた。
「でも、贈り物って?」
『じゃあ。一時間後に君の大好きな裏参道のカフェで待ってる』
「うん。え? それはちょっと早すぎるよー おーぃ」
 携帯は切れていた。
『もぅうう ダーリンズめぇ~ 心の準備かぁ…』
21
最初 前へ 18192021222324 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ