ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私
「えっちなミィナ」
「ふふふ」
 彼らの意見はいつもそこで一致し…
1人がベッドへ寝そべり、
2人目は私を抱え、
寝る彼の”固いそれ”にまたがらせた…。
「っくぅ…」
 入ってくる感覚…
中が圧迫され快感が全身を巡る…
もう1人は…
あれの出入りを眺め、
「やらしいなぁ…」
 私の背をゆっくり押し…
「前かがみなって」
 指で蜜汁をすくうと、
後の穴に塗りこんだ…。
触られてゾクゾクする私に
覆い被さってきた…。
「あふぅ!」
 彼らにずっと開発されている後の穴…
当たり前のように
もう一人の彼の固い物が、突き入れられた。
「いゃぁああああ」
 ふたりの彼にサンドイッチ状態の私は美味しい具材?…。
前の穴は動かされるたび、体に力が入り、
後の穴は、体中から力が抜けるように
快楽が走る…。
2ヶ所を同時に責められ、
意識が混濁(こんだく)し、体が宙に浮きそう…
頭が真っ白になっていく…。
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ