ふたりの彼。玩具の私
ふたりの彼。玩具の私
成人向完結
発行者:C.B
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ふたりの彼。玩具の私 第1章 ふたりの彼。玩具の私
 ぬいぐるみのクマは、いつのまにか別れた彼になっていた。
彼と過ごした日々。
「ミィナはスケベだな? いつか俺と別れても、誰かとエッチしまくるんだろう? ここをグチョグチョにさせて求めるんだろう? 誰でも彼でも求めて彷徨うのだろう?」
「イャーッ なんでそんなこと言うの? 好きよ。あなたが大好きなのに」
「スケベな牝にはお仕置きだ」
「だめぇー それはいやー」
 彼は構わず私のお尻に平手打ちを喰らわせていった。


 そして、気づいた。
別れてから半年。
ほんとに今、気づいたんだ。
貰ったこのヌイグルミのここに
玩具が仕込まれていたことを…。
「え?!」
 ゆっくり、引っ張り出すと、艶っぽく光る”あれ”が飛び出てきた…。
「ぁ…」
 生理の近い私はそれを握り、彼にお尻をぶたれるいやら女になっていた。
「お前はただの、エッチなメス。
 痛いだろう? でも、されながらだと狂おしく良くなっていくだろう?」
 避けれないように、私の体に自分の体重をかけ、
パシンパシンと響く痛みと快感にどうにかなりそうに果てたけど、その後も数日座れないくらい腫れに、彼とお別れしようと決心していた…。
「ぶってー ぶってー」
 でも今は、物欲しげに口走り。その時ことを鮮明に思い出していた…。
ベッドの上でごそごそ蠢き、シーツの海に溺ていった…。


 次の日、生理が来てしまい、起き抜けの憂鬱なボーっとした体で、抱いていたクマにゾッとし、ハサミでバラバラに解体してゴミに出した。
そして、そんなことはいつのまにか忘れた日々を過ごし、
今の彼。抱えてるプロジェクトの著作者だったユタカと恋に落ちていた。
16
最初 前へ 13141516171819 次へ 最後
ページへ 
こちら↓でポチっと応援応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ランキング 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


にほんブログ村 ランキングへ→



▼作者にぷちカンパ大感激!


WebMoney C.Bに面白かったらぷちカンパ
ページの先頭へ