M妻
M妻
アフィリエイトOK
発行者:DAI
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2016/01/20
最終更新日:2016/02/09 16:07

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
M妻 第27章 胸を丸出しにしたまま写真撮影する妻

それからしばらくの間、滝に打たれる半裸の妻の
疑似オ○ニーは続きました。
妻は感じているのか、眉間にしわを寄せながら
息遣いがだんだん荒くなっているのが分かりました。
そして、胸を揉む手の動きも激しくなっていくのです。

すると、ずっと見ていたAさんとBさんは
オ○ニーを続ける妻の元に歩み寄り、
何やらまた耳打ちをするのでした。
そして、二人は妻の元から離れると
Bさんが鞄の中に持っていたスマホを取りだし
滝に打たれる妻の方に向かって構えたのです。

「はい、それじゃあポーズしてくれるかしら」
Bさんが妻にそう声を掛けると
滝に打たれている妻は、胸を丸出しにしたまま
両手でピースサインを作り、口から白い歯を見せて
笑って見せたのでした。

その笑う表情はぎこちなく、妻が無理やり笑顔を
作っているのが分かりました。
それにしても、公衆の面前で半裸の姿のまま
作り笑顔を浮かべてピースサインをする妻の
考えていることが私には理解できませんでした。

そして、近くで見ていたギャラリーの方から
罵声が聞こえてきました。
「ウソでしょ。何あの人、変態じゃないの」
「ほんと良くやるわ。おっぱい丸出しにして喜んでるわよ」
「どうせなら全部脱いじゃいなさいよ」

妻に対する容赦ない罵声は、妻の耳にもきっと
聞こえているはずでした。
それでも妻はAさんとBさんに言われるまま
ピースサインをしながら立っていたのです。

Bさんが一通り半裸の妻の写真を撮り終わると
AさんとBさんは再び妻の元へと近づき、また耳打ちをしました。
妻はいやいやといった表情で首を振っていましたが
二人が語気を荒げたのか、首を振るのを止めて
項垂れたのです。

もしかしたら、二人から恥ずかしい命令でもされたのかも知れません。
いや、きっとそうに違いありませんでした。
公衆の面前で胸を丸出しにしたままオ○ニーをしたり、
ピースサインをしながら写真撮影されるなど
普段の妻からは考えられないことなのです。

AさんとBさんは妻から離れても、妻はしばらくじっと
滝の下に立ち尽くし項垂れたままでした。
どうしたんだろう・・・。
私もギャラリーもみんな妻がこれからまた何か
恥ずかしい行為でもするんじゃないかと
じっとその様子を窺っていたのです。

すると、妻は左手で剥き出しの胸をさっきのように
揉みしだきはじめたのでした。
そして残る右手をなんと紐ビキニのボトムスの中へと
突っ込んでいったのでした。

36
最初 前へ 30313233343536 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ