M妻
M妻
アフィリエイトOK
発行者:DAI
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2016/01/20
最終更新日:2016/02/09 16:07

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
M妻 第22章 行列の中で晒しものになる紐ビキニの妻

妻がレジに並び始めてから数分が過ぎた頃には
妻の後ろにも何人かの女性客が並んでいました。
それでも、レジ係の女性がわざとゆっくりしているのか
妻の前に並ぶ行列はなかなか進まなかったのです。

そして、半裸の妻はその間ずっと
晒しものになるのでした。
近くから聞こえてくる女性客達の妻を揶揄する声にも
本当は耳を塞ぎたい気持なのかも知れませんが
両手が頭の後ろで縛られていては
それもできないのでした。

妻が行列に並び始めた頃には
遠慮がちに妻の体を見ていた女性客達も
いつしか露骨な視線を妻の剥き出しの胸や
股間の黒い茂み、ほとんど丸出しのお尻に
向けてきていました。

なかには携帯で妻の写真を撮る女性客達も現れ
両手を頭の後ろで縛られている妻は
写真を撮るギャラリーに向かって
頭の後ろで両手を縛られた妻は
自ずから半裸の体を強調するようなポーズになり
「写真撮るのは止めてください」と
懇願しても、周りにいるギャラリーの
失笑を誘うだけでした。

そんななか、レジに並ぶ行列は次第に妻の番が
近づいてきました。
妻が近づいてくると、レジ係の女性は
薄笑いを浮かべて妻の方をちらっと見たのが
分かりました。

もしかしたら何か妻に恥ずかしいことをする
つもりなのだろうか?
私も妻の周りにいるお客さん達も
レジ係の女性のその表情に
妙な期待をしていたのです。

そして、ついに妻の番がやってきたのです。
するとレジ係の女性は、レジの下の方から
籠に入った妻の鞄や脱いだ物を
レジの横のテーブルに置いたのです。

「あの鞄から財布を出すので、これ解いてもらえますか?」
妻はレジ係の女性にお尻を向けて
頭の後ろで両手を縛るメジャーを示していました。
すると、レジ係の女性は薄笑いを浮かべると
「その前に、そちらの水着を包みますので、脱いでくださいね」
と言い、妻の元へと歩み寄ってきたのでした。

どうやらレジ係の女性は、妻が身につけている
紐ビキニをレジの前で奪い取るつもりのようでした。

31
最初 前へ 28293031323334 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ