M妻
M妻
アフィリエイトOK
発行者:DAI
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2016/01/20
最終更新日:2016/02/09 16:07

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
M妻 第16章 インテリマダムと羞恥の取引をする妻

インテリマダムは妻に恥ずかしい言葉を言わせると
さらに調子に乗り始めたようでした。
「あなた、変態の露出狂なのね。
それならあなたの裸もっと良く見てあげるから
ここでちょっと踊ってごらんなさいよ」

「えっ」
妻はインテリマダムからの思わぬ提案に
唖然としていました。

「そうねぇ。もっと真っすぐ立って、
脚を少しだけ開いて腰を振ってみてくださるかしら?」
あっけらんかとした顔でインテリマダムは
妻に尻振りダンスをするように要求したのです。

「そんな・・・。いくらなんでもそんなことできません」
さすがの妻もあまりの無茶ぶりに我慢できなかったのか
胸も恥毛も晒したまま、インテリマダムの方を睨んだのでした。

「あ~らそう。それなら別にいいのよ。
公衆の面前でそんな恰好して、
警備員さんでも呼んできて
あなたのこと捕まえてもらおうかしら」
そう言うと、インテリマダムは妻の元から
立ち去ろうとしました。

「待って下さい。それだけは勘弁してください」
警備員を呼びに行こうとするインテリマダムを
妻は追い掛けながら、止めようとしたのです。
色んな事情が重ねって、衣料品売り場の一角で
全裸になってしまったとはいえ、
こんな恰好を警備員にでも見られて
事情聴取を受けたら、変態扱いされるのは
目に見えていました。

そのことを恐れた妻は、両手を頭の後ろで縛られ
胸も恥毛も全開のままインテリマダムに駆け寄り
彼女の足を止めたのでした。

「それじゃあ、ここで踊って下さるのかしら?」
インテリマダムは妻の裸を薄笑いを浮かべて
観察しながら、そう言ったのです。

「は、はい」
妻は俯きながら、か細い声でそう言うと
「もっとはっきりと言ってくださらない」
インテリマダムから注意された妻は
「ここで、お、躍らせていただきます」
とインテリマダムの目を見ながら
屈辱の言葉を放ったのでした。

そして妻はインテリマダムの指示に従い
衣料品売り場の一角で背筋をまっすぐに伸ばして
両脚を肩幅まで開いていくと
恥ずかしそうに腰を振り始めたのでした。

25
最初 前へ 22232425262728 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ