M妻
M妻
アフィリエイトOK
発行者:DAI
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2016/01/20
最終更新日:2016/02/09 16:07

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
M妻 第6章 若い女の子に胸を揉みしだかれる妻

「分かった。お姉さん露出狂なんでしょう。
ほんと綺麗な顔してよくやるわ」
大学生くらいの女の子は、妻の方にさらに近づくと
「最低っ」と言いながら、
いきなり妻の左手を振り払い、
紐ビキニから剥き出しになった胸を
片手で鷲掴みにしたのでした。


「や、やめてください」
妻は突然の出来事にうろたえながら、
どうにか胸を鷲掴みする彼女の手を
振りほどこうとしていました。


それでも、大学生くらいの彼女はかなり力が強いのか、
ついには両手で妻の両胸を鷲掴みして
揉みしだき出したのです。
「あ、あぁん。や、やめてぇ」
妻の喘ぎ声が私の方まで聞こえてきました。


すると、周りにいたお客さん達もその声に気づいたのか、
露わになった胸を揉みしだかれる妻の方に注目したのです。
「おい、止めとけよ。やばいよ」
周りの状況に気づいた彼氏が、
妻の胸を鷲掴みしている彼女の両手を放させると、
そのまま彼女の手を引っ張って逃げていったのです。


妻は露わになった胸をすぐに紐ビキニでどうにか隠すと、
ふたたび両手で体を隠し、
ぴったり閉じた両脚をすり合わせながら
もじもじと立っているのでした。


妻は喘ぎ声を上げたせいで、
すっかり周りのお客さん達の注目を
一身に浴びてしまっていました。
するとそこへ、さっき何処かに行ってしまった女性店員が
意味深な笑みを浮かべながら妻の元に戻って来たのです。
女性店員のその手には何かが握られているのが
私には気になりました。

11
最初 前へ 891011121314 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ