生徒会室
生徒会室

お礼10
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2016/01/13
最終更新日:2016/10/13 12:29

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
生徒会室 第7章 会長…教えて…
健)どうしたらいいのって…
  それ…教えて欲しいんか…?

〇)うん…///

健)ほんまは…わかってんねやろ?

〇)…っ///

健)……


しばらく…見つめ合う…

〇の熱い視線…

ああきっと俺も…
今同じ瞳をしてる…

欲しくて欲しくて仕方ないような
熱い瞳を…


〇)……
健)……


先に目を逸らした方の…負けや…




……ガタン。



〇)わかってるから…っ


〇〇が立ち上がった。



ガタン。


俺も立ち上がり
〇〇のところまで近付いた。


健)わかってんねやったら…
  言うてみ…?

〇)…っ///


〇〇は顔を赤く染めて
俺に手を伸ばした。


〇)エッチ…しよ?///
健)///


〇〇が俺に抱きついた瞬間
俺は〇〇の身体を抱き上げた。


〇)きゃぁっ///
健)…っ


そのまま生徒会室の隅にある
ソファーまで…〇〇を運ぶ。


〇)会長…//
健)……名前…
〇)え…?

健)昨日みたいに…名前で…
〇)///
健)……
〇)…健…二郎…///
健)うん…

〇)健二…郎…♡♡
健)////


そんな…嬉しそうに…呼ぶなや…///


ドサッ…


〇)ん…っふぅっ、んっ///
健)…っ


ク…チュ…


〇)はぁっ、んっ、んぅっ///
健)…は…、っぁ


柔らかく重なる唇が
甘い糸で繋がれて

二人の乱れた吐息がぶつかり合う。



〇)健二郎…っ///
健)…っ


キスに酔いしれる時間すら
待てないというように

俺の腕を掴む〇〇。


健)もう…触って欲しいんか?
〇)…こくん///
健)////


ほんまに…可愛え…///


まだ…肌にも触れてないのに
〇〇が俺を急かすから…

俺はすぐさまスカートに手を入れ
人差し指で下着をおろした。


〇)…っ///


これから自分を襲う快感を
予感しているかのように

唇を薄く開いて
物欲しそうに俺を見る…


健)どうして…欲しい?

〇)…触って…欲しい…///

健)どこ…を?


わかってて言わせたくなる…


健)どこ…触って欲しいん?
〇)////

健)……

〇)もう…トロトロになってる…ところ…//
健)……

〇)指で…触って…?//

健)…っ///


中指を…ほんの少し…


ちゅ…ぷ…


〇)は…ぁっ//
健)……


もう少し…


ちゅぷ…ぅ…


〇)はぁ…、//
健)……


気持ちイイ場所まで辿りついて…


クイッ


中指を動かせば



〇)!!!



ほら…
快感を捉えた可愛い顔。



クイッ、クイッ…



〇)んっっ、ふ…ぅっ///



じれったそうに
俺を見つめるその瞳。


たまらんほど…可愛え……



〇)健二郎…っ//
健)なんや……


わかってる。


「足りない」んやろ…?


〇)も…っと…、してぇ///
健)////


アカン…

好きな女のおねだりは

理性も吹っ飛ばす可愛さで

その破壊力たるや…


〇)いつもみたいに…してぇ?///

健)…っ


……



〇)ああああっっっ///

健)こうやろ…?


くちゅくちゅくちゅっっっ


〇)ふぁぁぁんっっっ///



一気にスピードを上げた俺の指に
思わず声を上げる〇〇。
20
最初 前へ 17181920212223 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ