性のオモチャ
性のオモチャ
完結
お礼3
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2016/01/03
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
性のオモチャ 第12章 ズルい人
あたしは屈んで
臣さんのモノをそっと握る…


〇)彼女は…舐めてくれないんですか?


そんなこと聞いてどうするのか
自分でもわからない。


臣)フェラー?
〇)はい…
臣)あいつにそんなこと
  させれっかよ//
〇)……


何その照れた表情…


臣)ほんとは…シてほしいけど…
  少しでも嫌がるようなことは
  させたくねぇから…
〇)……
臣)ああ…ヤバい…
  お前が変なこと言うから
  想像すんだろッ//


みるみる膨らむ臣さんのモノ。


臣)早く…舐めて…//
〇)……っ


ぺろっ、ちゅっ、くちゅっ


臣)あぁぁっ//


いつもより…
すごく感じてる…


臣)ヤバ……
  あいつだと思ったら…
  もう…イキそ…//
〇)…っ


今舐めてるのはあたしなのに
彼女だと思って
彼女を想像して感じてるの?

ふざけてる…

悔しくて…悲しいのに…


臣)あ…、……はぁッ//


臣さんの吐息だけで
全部吹き飛んでしまう。

あたしはなんて愚かな女なんだろう…


臣)あ、あ、…ッッあ//


ドクッッ、ドピュッ


いつもの愛しい愛しい苦い味。

いつも通りにキレイに舐める。


〇)終わりました…
臣)あり…がと…
〇)…っ


また…お礼言うの…?
そういうのが…ずるいの…っ


臣)な、ここ座れよ。
〇)え…?


いつもの流れだと
あたしがテーブルに座って
一人でさせられるのに…


臣さんにぽんぽんと叩かれて
ソファーに座ると
あたしの膝に臣さんが頭を乗せた。


〇)……///
臣)はぁ…


どうしよう…
何?これ…膝枕…?
ドキドキして…胸がきゅうってなる…


臣)今日は…SEXはいいや…w
〇)…っ


臣さんが…そんなこと言うなんて…


〇)どうしたんですか…?
臣)ははっw
〇)……
臣)なんか…今の…
  すっげぇ気持ち良かったから…
〇)……


優しい声でそんなこと言うの?


臣)俺…さ、あいつがほんと好きで…
〇)…っ
臣)あいつが…俺の腕ん中で…
  ただ俺を感じてくれてるだけで…
〇)……
臣)それだけで…すげぇ幸せなんだよ…
〇)……
臣)でも…ほんとは…
  すげぇ我慢してるから…
〇)……
臣)今のフェラも…
  ちょっとあいつだと思っただけで
  すぐイッちゃった…w
  カッコ悪ぃだろ…w
〇)……っ


どうして…
あたしにそんな話…するの?

気を許してるみたいに…
そんな…優しい顔で…


臣)あーあ…
  昨日あんな抱いたのに…
  もうあいつのこと抱きてぇ…


そう言って
あたしに手を伸ばして
あたしの頬を撫でた。


臣)ちょっと…寝ても…い?
〇)……はい…


臣さんは
幸せそうな顔をして
目を閉じた。


……好き…

愛しい髪をそっと撫でる…

この髪も…目も…鼻も…口も…
この身体も…全部…

臣さんのすべてが…好き…


ぽた…っ


臣さんの頬に
あたしの涙が落ちた…

ぽた…っ…、ぽた…っ


あたし…どうして泣いてるの?


好き…

好きすぎて苦しいの…


愛しいその頬を…
そっと撫でる。


あたしの膝の上で寝てくれるなんて
初めて…


愛しい…

愛しい…


このまま…時が止まればいいのに…
32
最初 前へ 29303132333435 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ