性のオモチャ
性のオモチャ
完結
お礼3
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2016/01/03
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
性のオモチャ 第10章 言えない気持ち
臣)じゃあまずこれから…w

ウィーーーーン……

〇)あぁぁんっっ///
臣)しょっぱなからイイ声出すねぇw


臣さんがローターをあたしの左胸に固定した。


振動が先端を刺激して…


〇)あ…ふぅ…っ//
臣)乳首勃ちすぎ…ww


そう言って
右の胸にももう一つのローターを
固定した。


〇)いやぁぁっ
  だめっ…どっちも…なんて…あぁぁっ//
臣)うるせぇw
  黙って喘いでろw
〇)あぁぁんっっ///


ウィーーーーン…


両方一気に気持ち良くされて…
もう…


臣さんはまた別の
ローターのスイッチを入れる。


臣)おら、脚開けw
〇)あ…っ


にゅぷぅっっ


〇)あぁぁっっ///
臣)すっげ…、簡単に飲み込みやがったw
〇)あぁぁんっ、いやぁっ出してぇっ///
臣)くくくw


奥までローターを挿れられて
ナカで振動が…


〇)や、や、ぁっっ、あぁっ///
臣)すっげぇグッチョグチョ。
  ほんとお前感度いいねぇ?ww


そう言って電マを握る臣さん。


臣)ほら、イカせてやるよw
〇)!!!!


あたしの脚をさらに開いて
電マをクリに当ててきた。


〇)ひぃやぁぁっ///
臣)まーだ「弱」だっつーの。
  どんだけ感じてんだよw
〇)あ、あ、やぁぁっ///
臣)すっげぇ姿だな、これw
  機械まみれww


胸は両方感じっぱなしで
奥はジュクジュク疼いてて
クリには痺れるような快感…

ああ…もうあたしほんとに…


臣)そろそろイキそうな顔ww

カチッ

ブブブブ…ッッ


〇)あぁぁぁっっっ!///


電マの刺激が強くなって
クリをぐりぐりしてくる。


〇)やぁっっ!イッちゃう!!///


びくんっ!!!


臣)はーえ〜〜ww
  「強」にした途端、ソッコーww

〇)あ…、あ、ぅ…、あっ///

臣)なーにピクピクしちゃってんの?w

〇)あぅ…、あぁ…、あ…///

臣)なんだよw

〇)…も、これ…取って、ください…//


ほんとに…
おかしくなっちゃう…


臣)言ったろ?
  黙って喘いでろってw
  ほら。


ブブブブ!!!!

じゅぷぅっっ!!!!


〇)いやぁぁっっっ////
  やぁっ、気持ちぃっっ!やぁっ!!


いきなりナカに電マを「強」のまま
挿入された。


〇)だめぇっ、だめぇっっ
  ローター入ってるからぁっ///

臣)いいじゃんw
  刺激されまくって
  イケるだけイケよww

〇)やぁぁっっっ
  ほんとに壊れちゃうぅぅっ///

臣)知るかよw
  壊れんなら勝手に壊れろw

〇)ふぁぁあぁんっっ///


頭がおかしくなりそうな快感。
気持ち良くて…


臣)さーて、そろそろ俺も挿れっかなーw
〇)あぅ…、あ…ぅ…


ナカのものを全部引き抜かれた。


〇)ハァ、ハァ、ハァ///

臣)死にかけてんじゃん、大丈夫?w

〇)ハァ、ハァ、ハァ///

臣)今日はお前動けなさそうだな。
  仕方ねぇから俺が動いてやるよ。

〇)あ…っ///


嬉しい…
また…抱きしめてくれる…?


臣)嬉しそうな顔しちゃって…w
〇)///


そう言って頭を撫でてくれた。

ねぇ…臣さん…

少しは…あたしにも…

こんなオモチャにも…

愛があるって思っちゃダメ…?

だってほら…

そんなに優しい…顔…


臣)たまにはお前の好きな体位で
  シてやろっか?w
〇)え…っ
臣)何が好き?言えよw
〇)////


嘘…みたい…


〇)ぎゅって…して…ほしいです///
臣)……
〇)……//
臣)……


臣さんが何も言わず
あたしを起き上がらせた。


臣)……
〇)……
臣)お前…さぁ、俺のこと好きなわけ?
〇)…っ///
臣)んなわけねぇよな?
〇)……っ
臣)こんな散々オモチャにされて
  俺のこと好きとか、ねぇだろ?w
〇)……


好きじゃ…ダメ…なの?


臣)ヤリたい時に使える便利なオモチャ。
  お前はそれだけ。
〇)……
臣)割り切れねぇなら終わり。
  めんどくせぇからな。
〇)……
臣)……
〇)……


涙が…こぼれてくる…
わかってた…

わかってたのに…
あたしは何を期待してたんだろう…


臣)やっぱ泣いてんじゃん…
〇)ううう…っ
臣)俺のこと…好きになっちゃった?
〇)……
臣)なんでだよ…ほんと…
〇)…う…、うっ
臣)しょうがねぇやつ…
〇)……っ


そう言って撫でてくれるその手は
すごく優しい。


〇)好きじゃ…ないです…
臣)…は?


この人を…失いたくない…
たまにでいいの…

こうして優しくしてくれるだけで

それだけであたしは幸せだから…


〇)あたしはただのオモチャだから…
  好きなんかじゃないです…
臣)…っ
〇)だから…好きな時に使ってください…
臣)……
〇)めちゃめちゃに…してください…
臣)……
〇)体位なんて…なんでもいいです…
  臣さんが…気持ちイイなら…
臣)……


あたしがそう言うと
臣さんはニヤッと笑った。


臣)ふーんw
  忘れんなよ?その言葉w
〇)あぁぁっっ///


じゅぶぅぅっ、ずぽっずぽっ


〇)あぁぁんっっ、あぁんっ///


いきなりねじ込まれて
突き上げられて
頭が真っ白になる…


臣)すっげぇヌルっヌルww

〇)あぁぁっっ///

臣)こんな濡れんなら
  お前ずっとローターぶちこんどけよw

〇)あぁぁっ///

臣)今度からさ、
  俺が呼び出したら、ローター入れてこいw

〇)え…っ///

臣)そしたら即行で突っ込んでやるからw

〇)はい…///

臣)ぶっw
  嬉しそうだしw
  ほんとドMだな。

〇)あぁぁっっ!!あんっっ///



激しく身体をゆさぶれられて
快感に溺れていく…

抱きしめてなんてくれない…
愛情なんて感じない…

それでもいい…

だって…
今この瞬間だけは
あたしのものでしょ?

臣さんが見てるのはあたしでしょ?

彼女じゃない。

臣さんが見てるのも抱いてるのも
彼女じゃなくてあたし。

それだけで…いいの。

だからずっと…
オモチャでいさせて…



▶️▶️NEXT
27
最初 前へ 24252627282930 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ