愛してたよ
愛してたよ
アフィリエイトOK
発行者:柊 あかね
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/11/29
最終更新日:2010/12/07 10:21

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
愛してたよ 第3章 半年前
「わからないこととか、困ったことは由紀さんと沙織さんに聞けばだいたいわかるからね。この2人はオレと紅、あっ、副社長ね。の次に古株だから。
それから…、青木。あと2人休みの奴は明日紹介するとして、…紅どこいった?」

「青木ですー。よろしゅー」

はじの机で伝票をまとめている青木さんが柔らかく笑って挨拶を交わした。

社長は

ちょっと座ってて…

とアタシをサオリさんの前の机に座らせると事務所を出ていった。

アタシの座った机は、伝票が目玉クリックで止めてあるのとか、書類とか、そういうものがなんだか乱雑に積まれてた。


触ったら崩れそ…


「香月サン、だっけ?女はあたしらと事務のばーちゃんだけ。アナタ、配達でしょ?しんどいよ~、冬場は。」

「ちょ、サオリちゃん脅かさないの!!」
「だいじょ~ぶよ~。若いんだからサ」

「は、ハイ!!よろしくお願いしますっ!!」

「そんな固くなんないで、大丈夫だから(笑)。も~、サオリちゃんのせいよ。」


サオリさんとユキさんの会話に口を出せず、ただ笑って見ていただけだけど、これならやっていけそう…



みんな優しそうだし。
14
最初 前へ 11121314151617 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ