年上の彼女
年上の彼女
完結
お礼8
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/12/17
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
年上の彼女 第9章 誘惑の魔の手
今日は剛典から連絡が来て
メンバーと飲んでるから◇もおいでよって…

私は剛典に少しでも会いたいから
すぐにお店に向かった。


◇)こんばんは…
直)あ!!来た来た〜〜♡
臣)おおっ
健)◇ちゃん久しぶり〜〜♡
◇)お久しぶりです。


剛典は…


岩)……


ソファーの端っこでむすっとしてる。
どうしたんだろう…

剛典の隣に行こうとすると
臣さんに手を引かれた。


臣)ここ座んなよ♡
◇)え…っ
岩)!!!


剛典が急に立ち上がって
私の肩を抱き寄せた。


岩)お前はこっち。
◇)……


言われた通り
剛典の隣に座った。


直)いや〜〜◇ちゃんごめんね〜?
◇)え…?
直)俺らがさ、岩ちゃんに言ったのよ。
健)◇ちゃん呼べ〜〜ってw
直)岩ちゃんケチだから
  嫌だ嫌だって言ってね〜〜
◇)……


剛典…
私が来るの嫌だったの…?
だから…機嫌悪いのかな…


臣)いや〜〜目の保養になるわ〜w
健)間違いない。
直)ほんっと◇ちゃん可愛いよね〜w
◇)やめてください//
臣)いや、ほんとだしw
健)全然年上に見えへんしなぁ。
直)そうそう、ほんと可愛い。
◇)……//
健)年上には見えへんけど
  なんかこう、癒しオーラはあんねんよ。
臣)そう!それ!
  癒しオーラとあいまって色気が…
直)おいおいw
臣)ww
◇)……//


なんて返事していいのかわからなくて
黙ってると
剛典がテーブルの下で
私の手をぎゅっと握った。


直)岩ちゃんはさっきから
  何をふてくされてんのよ。
岩)別に……
直)大好きな彼女が来てくれたんだよー?
岩)……
臣)あ、俺らいるから
  イチャつけなくて不機嫌?
健)なんやそれw
  子供やんけw
直)あはははw
岩)……


剛典は何も言わずに黙ってる。


◇)(どうしたの…?)
岩)……
◇)……
岩)…っ


チュッ…


◇)!!!


剛典の咄嗟のキスにびっくりして
慌てて3人を見たけど
みんな気付いてない。


◇)(何…するの…//)
岩)(キス。)
◇)(どうして…今…)
岩)(したい時にして何が悪いんだよ。)


なんだろう…
なんか…本当に不機嫌モード。


◇)(ね、今日…うち来れる…?)
岩)(え…?)
◇)(泊まりに…)
岩)(……うん。)
◇)(良かった♡)
岩)(………)
◇)(じゃあ明日は美味しい朝ごはん作るね♡)
岩)(……//)


あ、剛典が少しだけ笑ってくれた。


岩)……ありがと//
◇)ふふ…♡

直)なーんかそこ二人の世界なんだけど〜〜
◇)えっ
健)◇ちゃん俺らの相手もしてよ〜〜
臣)せっかく来てくれたんだからさ〜
直)岩ちゃんとはいつでも
  二人でイチャつけるでしょうよw
◇)……//
臣)ってことで、◇ちゃんはこっち。
◇)えっ

グイッ…


臣さんにまた手を引かれて
今度は臣さんと健二郎さんの間に
座らされた。


健)あ〜〜めっちゃええ匂いする♡
臣)エロい匂いw
◇)えっ!なんですかそれ//
臣)んーー?
  なんか…女って感じの匂い。
◇)え……
臣)フェロモン?
  なんかムラムラするような…
直)臣、エロ…w
健)うん、確かに男を惑わすような匂いやな〜w
臣)でしょ?w
◇)////


なんか…
二人の距離が近くて…


直)岩ちゃんとは仲良くやってる?
◇)あ、はいっ!!
臣)即答w
◇)////


だって…大好きだもん…


臣)なんか妬けるな〜〜
◇)えっ


臣さんが腰に腕を回してきた。

え、え、何…これ…?


健)岩ちゃんより俺の方が
  上手いで〜〜?w
臣)何がだよw
健)何がって…ナニが?w
臣)あはははw
健)岩ちゃんよりは長く生きてますから。
直)お前は何のアピールをしとんねんw


今度は健二郎さんが太ももを撫でてきた。

え、え、やだ…

みんな…酔ってるのかな?

剛典の横に戻りたい…


直)岩ちゃんがふてくされて
  会話に参加しません。
臣)何ふてくされてんのーー
岩)……
健)こんな可愛え彼女がおるくせに
  贅沢もんめ。


あ…
剛典が少し起き上がった。


岩)え、ちょっと。
健)へ?
岩)何触ってんすか。
  触んないでください!!!
健)ああ、これ…?
  ちょっと膝に手ぇ置いてただけやんw
岩)よけてください!!!
健)……こわ〜〜w


健二郎さんが手をよけてくれた瞬間…
腰に回ってる臣さんの手が
さらにグッと私を抱き寄せた。


◇)(あ…の…)
臣)(んーー?)
◇)(離して…ください…)
臣)(だーめ♡)


だめって…なんで??


臣)(いいじゃん♡岩ちゃん気付いてないよ?)
◇)(…っ)


そういう問題じゃ…


臣)(chu…♡)
◇)!!!!


いきなり耳にキスされて
私は思わず立ち上がった。


直)どうしたの?
◇)…っ///
臣)どうかした?w
◇)///


何…この人…っ


◇)お化粧室…行ってきますっ


私は逃げるようにトイレに駆け込んだ。
23
最初 前へ 20212223242526 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ