隣の部屋は可愛い彼女。
隣の部屋は可愛い彼女。
成人向
発行者:ライオン卵
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/11/26
最終更新日:2010/12/13 21:01

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
隣の部屋は可愛い彼女。 第1章 学園のアイドル 相原真琴!
放課後。


「赤井、お前、授業中ずっと相原見てただろ?好きなの?」


前席の谷川が、ニヤけた顔で俺を見る。

ちなみに、こいつは俺の数少ない悪友で、

ただのエロ魔人だ。


「あ? 可愛いから見てただけだろ。 文句あんのか?」

「いや、一般的にそういうのを、好きって言うんだろ。」


面倒なので、「そうかい」と告げて、さっさと帰り支度をする。

そして「一緒に帰ろうぜ」と誘う谷川を振りきり、

下駄箱で靴を履き替える。


野郎同士で帰宅ってやばいだろ?

ま、彼女出来た事ねえけど・・・。


そのまま歩いていると、ふと何かの鳴き声に気付く。


「にゃ~~~にゃ~~~」

猫・・・・・?


俺は、勝手に硬派を気取ってはいるが、猫が大好きだった。

鳴き声がした方を探す・・・・。

居た。

シマシマの虎猫。しかも子猫が。

無性に抱きかかえたい衝動にかられ、注意深く辺りを見廻す。

よしっ、誰も見てないな。

すかさずダッシュする俺。

子猫は逃げずに、そんな俺を見つめ「にゃ~」と一鳴き。

しかし、もうちょっとで捕まえる・・・というところで、逃げられてしまう。

そしてそのまま、体育館の方までトコトコと走って行く。

もちろん俺は後を追いかけるが、なかなか止まってくれず、

捕まえた頃には、体育館裏の方まで来てしまっていた。


既に猫は俺の腕の中・・・。

喉を掻いてやると『ゴロゴロ・・』と嬉しそうに目を細めている。


お腹空いてるかな・・・?

昼のパンの残りがあるが、子猫だからミルクか・・・。


と、思案している俺の目先にある光景が写った。


人気の無い体育館裏で、男の子と女の子が、なにやらモジモジとしている。


!!!!!


思わず、建物を背に隠れる俺―――
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ