隣の部屋は可愛い彼女。
隣の部屋は可愛い彼女。
成人向
発行者:ライオン卵
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/11/26
最終更新日:2010/12/13 21:01

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
隣の部屋は可愛い彼女。 第2章 ドキドキ日曜日
いかんいかん。

頭を振って我に返る。

ここで硬派なイメージを崩すわけにはいかない。


「そ、それは・・・知らねえけど・・・俺は別に・・・。」

「でもぉ~、この前、膝枕で興奮してたじゃない・・・。」

うつむきながら、指と指をつんつんして話す相原。


げ! こいつ、覚えてやがるし・・・・。

相原って、思った事、ポンポン口にするんだな。

しかも、少し顔が赤いし・・・・。

って! あれを思い出してんじゃねえだろうな。

勘弁してくれよ~~。



その後も「絶対好きなくせにぃ」と、意志を曲げない相原を横目に、仕方なく買い物を手伝う俺。


しかし・・もてる子って、やっぱりみんな、こういう事考えてるんだろうか。

周りの視線に気付いて、自分の事好きなんだなって。

いや、視線に敏感になるのか?

もてない俺には解らんが・・・。

改めて、相原が高嶺の花だという事を、認識させられた気がした。


結局、テーブルと折りたたみのベッド。後、ちょっとした棚を買って終了。

当然、手では運べないのでリヤカーを借りる俺達。

ホームセンターって、こんなサービスもあるんだな。

優しい店員さんに感謝する。

しかし、リヤカー引きはもちろん俺。

なぜこんな事まで・・・と思ったが、

「赤井君が居てくれて助かったぁ~~」

と、両手を広げてピョンピョンする姿を見ては、嫌な顔が出来るはずもない。


まあ近いしな。


その後、部屋に買った物を運び入れ、リヤカーを返しに行き、再びアパートへ。


「ぜ~~~、は~~~、さすがに疲れた・・。」


相原の部屋に入ると、なにやら棚と格闘しているご様子。

買った物がダンボールから全部出され、そこらじゅうに散乱している。

「う~~ん。これどうなってるのかなぁ~。この部品ってなに?」


どうやら、組み立て方が解らないらしい。

しかも色々ごちゃ混ぜにしてんじゃねえよ。

どれがどのパーツか、分かんねえだろうが。


しかし、こんな簡単なものが出来ないなんて、女の子って可愛いよな。


仕方ないので、

「貸してみろ」と握っていたドライバーを受け取る。

そして、一応説明書を見ながら組み立てる。


「わぁ~、赤井君ってやっぱり頼りになるねぇ~~。」


何気なく言ったつもりだろうが、そんな一言で俄然頑張る俺。
10
最初 前へ 78910111213 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ