千姫の墓
千姫の墓
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/01
最終更新日:2012/10/13 14:39

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
千姫の墓 第1章 江戸からの使者
仲の良い僕達を心配して、父は、将乃介が実は霧丸という忍びで、僕を守るための盾なのだと言うことを話したのだ。

僕は、将乃介が、その事を黙っていた事が気に入らなくて、深く傷ついた。

しかしその後は、父の思惑通りには行かなかった。

僕が将乃介に憧れ、好きな気持ちは消えず、僕達は、もっと深い話をするようになったのだ。

僕の盾となるとはどういう事なのか。

いつも、どこで僕の声を聞いているのか。

将乃介の住処の話には、胸が高鳴った。

彼の居室は、僕の居室の天井裏にあって、他の何処へでも行けるらしい。

僕は、十二の時、霧丸の居室が見たいと言って、駄々をこねた。

そんな事をしたら、本当はとても大変な罰を受けなくてはならないんだと、後で知った。

あの時から、僕は霧丸を信頼したのだった。





僕は自室に戻っていた。

霧丸は今もそこにいるんだろうか。

僕は天井板を睨んだ。

僕は今朝、霧丸との間に生まれた違和感が何なのか、それを考えていた。

そして、事情を話してくれなかった霧丸を怒っていた。

今は、問いかけてみようか、うやむやに済まそうか、迷っている。




霧丸は、淀城にもついて来ていたはずだ。

いつもなら、侍の姿で、僕の駕籠の前を歩いている。

しかし今日は、僕の前には姿を見せなかった。

桃の里から帰ってから、一言も口を利いていなかった。

僕は、やはり霧丸と話がしたいと思って、口を開いた。

霧丸、話をしよう。

僕は、そう言おうとした。

しかし、霧丸と話をする事は出来なかった。







くさびの匂いがした。

寝床も、七つ道具も片付けられていたが、きゃらの残り香が鼻を刺激する。


天板の間から覗くと、思っていたよりも小さな部屋だった。

気配を消して待っていると、駆ける馬の蹄の音と共に、くさびの気配がした。


しばらくして入って来た若殿様は、まだ元服前の少年だった。

可愛らしさが残る、顔は、大殿様よりも、母君様によく似ている。

世の中で噂されているうつけ者の目ではなかった。

その少年は、天井を睨みながら、くさびに話しかけた。

少年は、ここにくさびがいることを知っている。

くさびは、掟を破ったのか?私は耐えられず、眠り薬を使った。
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ