千姫の墓
千姫の墓
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/01
最終更新日:2012/10/13 14:39

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
千姫の墓 第1章 江戸からの使者
しのさんは、気楽にそんなことをいうが、すずさんはいたって真剣だ。

「お友達同士でも、ずいぶん、受け取り方が違うものですね。でもどちらも間違っていませんよ。才と言うのは、大切に育てれば、自然に花を咲かせるものなんです。師になろうと、ならなかろうとね。ただ茶の湯を大切に思っていて下されば、それでいい」

わたしは、すずさんの目を見て、頷いた。

それで通じたとは、思わないが、少なくとも、茶の湯から全く離れて仕舞うことはないだろう。

「お師匠様、私にそんな大それたこと…」

「いえそれでいいんです。すずさんが茶の湯を好きでいて下さるのが分かったから。それに、当主を務めよというわけじゃありませんから、気楽に楽しんだらいいのです」



わたしとすずさんの話しを聞いていた弟子達は、平静を装っているが、かなり動揺したようだった。

皆、自分の店を持つ旦那や、医者といった、社会的には力を持った人達だったからだ。

人格も、知識も備わっている自分が負けるわけがない。

彼らはそう思っている。

確かに、この流派を継がせると言うなら、知識も人格も金も、なくてはならないと判断するだろう。

しかし、広く世の中に茶の湯を広めていく、そういった役割なら、すずさんを適任だと考える。


今わたしの考えは、大きな川の真ん中で、上流を目指す小魚のように危うかった。

しかし、まだ非力ゆえ成し遂げられると信じられた。

自分の小ささも、そして本当の才能も、まだ見えてはいなかったから。







3 長政と市

娘達は、これで幸せに暮らせるだろうか?

あの日から、そればかり考えてきた。

夫を亡くしてしまったあの日から。





小谷の城は、桜の青葉につつまれていた。

静かな春が続くのだと、私は信じて疑わなかった。

しかし、静けさを破るものが現れた。

兄の送った軍勢が攻め入って来たのだった。



長政は、引き下がりはしなかった。

山城であることを生かし、善戦した。

その内、敵の真意を知り、長政はは愕然とした。

敵から、一通の書状が届いたのだ。

長政は、私に見せてはくれなかった。

私はどうしても知りたくて、夫が息絶えてから、読んだのだった。

夫は、私がここにいるとは思わなかったのだろう。

書状は懐で冷たくなっていた。
20
最初 前へ 15161718192021 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ