千姫の墓
千姫の墓
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/12/01
最終更新日:2012/10/13 14:39

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
千姫の墓 第1章 江戸からの使者
わたしは、藤屋さんと縁を結んだ事を誇りに思う。


しかし、藤屋さんが茶の湯をならうのは、商売の為だ。

わたしの名につられたのだ。

わたしが当代の名人と呼ばれていなかったら、きっとここにはいない。

わたしの名で、一つ商売が出来るなら、時間などやすいものなのだろう。



わたしは、藤屋さんの商売の足しになれるなら、異存はないが、縁を結んだからには、それだけで済ませたくないと思っている。

茶の湯の表すものは何なのか、その真をみせたい。

人の心を癒やしかえてしまうほど、深い力を持っている事を教えたい。

しかしとても難しかった。

藤屋さんは、もう、人の手本になれるような立派な大人だからだ。

わたしは、時間をかけて、縁を育てることを続けていた。








「楽しみにして頂いているのですね。もうみなさんお揃いだ。あと一人、小僧が来ますが、まだ経を習っているところですから、先に始めましょうか?」

礼をすると、弟子達の顔には、緊張が浮かんだ。

「今日はどなたから見せて頂きましょうか?いつも、光吉さんですから、今日はすずさん、見せて頂けますか?」

急に指名されたすずは、用意していた菓子を一つ落とした。

「お菓子はそのままありに上げましょう。すずさん、ひと月の成果を見せて下さい。あなたの正直な心をね。すずさんのお茶は、わたしが頂きます。お給仕は、しのさんにお願いしましょう。準備が出来たら、始めます」

すずさんは顔を紅くして、少し震えているようだった。

もっと自信が出れば、人にその才を伝えられる人だ。

「私など、いつも末席におりますのに…どうしてで御座いますか?藤屋さんにして頂いた方が、みなさんも、勉強になるのではないかしら」

「いつもそうだから、今日はすずさんに頼んだのですよ。意味は、そのうち分かります。さあ、しのさんの用意は出来たようです。始めましょうか」

すずさんは、観念したように、風呂の前に座った。

すでに道具はすべて用意されている。

私は、みなの少し後ろにいて、表情を見ていた。

藤屋さんは、思った通り、堅い表情を隠し、平静を装っている。

すずさんの点前は、微風のように心地よく、見せ場も、ゆとりも申し分ない。

しかし、何かが足りなかった。
17
最初 前へ 14151617181920 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ