タイはトロリと甘いマンゴーの味第2話:バツイチ黒豹は飢えていた(無修正版)
タイはトロリと甘いマンゴーの味第2話:バツイチ黒豹は飢えていた(無修正版)
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:カドー
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:タイはトロリと甘いマンゴーの味

公開開始日:2015/12/31
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
タイはトロリと甘いマンゴーの味第2話:バツイチ黒豹は飢えていた(無修正版) 第5章 黒豹の部屋に行きたい
電話番号を聞き出して、さらに一人暮らしまで聞き出したら、次にやることは決まっている。

店で、

「休みの日に部屋に行ってもいい?」

と聞いてみた。

今度も電話番号のときと同様に、理由を聞かれるかと身構えたが、オンの返事はあっけなく、

「おいでよ!」

だった。

ええっ、こんなに簡単にOKしていいのか?

今度はこっちがどぎまぎする番だ。すっかりうろたえて、

「言っとくけど、遊びにいくだけだから」

聞かれてもいない弁解をはじめていた。

「誤解するなよ」

「俺はそんなに軽い男じゃないから」

さすがにこれには笑われたが、次の休みの日を聞き、しっかり約束を取り付けた。


さてその日が来て、体をすみずみまで清め、オンの部屋に向かう。

場所はまったく知らないのだが、ケータイで聞きながら行けば、なんとかなるだろう。

電車の駅名は聞いていたので、まず電車に乗った。

バンコク市内を縦横に走る高架電車だ。

地下鉄と組み合わせれば、バンコクのたいていの場所には行けるようになっている。

電車は中心部に向かうので、混んでいた。混んだままバンコク中心部のサヤーム駅まで行き、別の路線に乗り換える。

やって来た電車はバンコクの周辺部に向かうので、スカスカだった。

繁華街を通りぬけ、チャオプラヤー川の広大な茶色の流れを一気に渡る。

聞いていた見知らぬ駅で電車を降りた。勝手がわからずウロウロ歩いていると、地元の客にどんどん追いぬかれる。

ウロウロしながら出口を探すと、この駅には出口が4つあるようだ。

全然違う方に出てもよくないので、オンに電話で聞くと、どの出口でもいいという。

日本的な感覚では一番近い出口を教えてくれるはずだが、ここはタイだ。

どこから出ても、(時間はかかるだろうが)いつかは必ず行けるのだから、そんなに細かいことは気にしないらしい。

9
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ