タイはトロリと甘いマンゴーの味第2話:バツイチ黒豹は飢えていた(無修正版)
タイはトロリと甘いマンゴーの味第2話:バツイチ黒豹は飢えていた(無修正版)
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:カドー
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:タイはトロリと甘いマンゴーの味

公開開始日:2015/12/31
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
タイはトロリと甘いマンゴーの味第2話:バツイチ黒豹は飢えていた(無修正版) 第4章 お触りしても噛まない黒豹
黒豹オンは、いつのまにかお触りOKになっていた。

引き締まった体のどこを触っても、怒って噛んだりはせず、なすがままになっていた。

胸はタイの黒豹にありがちな小ぶりの突起だったが、自分では、

「小さいでしょ。前はもっと大きかったけど、子供に飲ませたから小さくなったの」

と言い張っていた。

「じゃあ、マッサージして元の大きさに戻してやろう」

とからかいながら揉んでやったものだった。

だがいくら小さくても、天然物はいいものだ。

人工で大きくしたものは見ばえはいいが、揉みしだくと、中でシリコンがコリコリと感じられ、マッサージしていて寒々しくなってくるものだ。

天然物を左右両方ともたっぷり堪能して、そういうときはチップを多めに置いて帰った。


電話番号を聞き出したのもその頃だった。

バーで働く子に電話番号を聞くと、軽い子は初対面でも簡単に教えるが、身持ちの固い子は簡単には教えない。

必ず理由を聞いてくる。

ここでちゃんとした答をしないと、教えてくれないのた。

オンもそうだった。

私の答は

「日本から一人で来ていて、暇な時しゃべる相手がいないから」

これでOKだった。

多分、理由は何でもいいのだと思う。とにかく、

「私はそんなに軽い女ではない」

ということを言いたいのだ。

そうやって番号を教えてもらい、暇な時に電話で話をするようになった。

話といっても、「今なにしてる」とか、「今日出勤するのか」という、他愛無い話だが。

その中で、安いアパートに一人で住んでいることも聞き出した。これはいい情報だ。

7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ