タイはトロリと甘いマンゴーの味第2話:バツイチ黒豹は飢えていた(無修正版)
タイはトロリと甘いマンゴーの味第2話:バツイチ黒豹は飢えていた(無修正版)
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:カドー
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:タイはトロリと甘いマンゴーの味

公開開始日:2015/12/31
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
タイはトロリと甘いマンゴーの味第2話:バツイチ黒豹は飢えていた(無修正版) 第16章 餓えた黒豹がこんなことを
黒ヒョウは、手でいろいろ確かめ終わって満足したのか、今度は口で味わいはじめた。

私の脚の間に膝をつき、天井を向いて立っている竿を、しゃぶり出したのだ。

シャワーもしてないナマの物だが、餓えてる黒ヒョウには、少々汚れていようが、もうどうでもいいらしい。まさに野生の黒ヒョウだ。

激しい勢いでしゃぶったり、舐めたり、吸ったりしている。先端をくわえたかと思うと奥まで頬張ったり、食べ放題だ。

時々唸り声が聞こえるのは、よっぽど空腹だったのだろう。

こっちも気持ちいいので、黒ヒョウの髪をなでて、なすがままにさせた。

竿をひとしきりしゃぶったあとは、玉を二つとも口に含んで、玉の陰毛ごと口の中で転がしている。


やりたい盛りに離婚して、それ以来男ひでりが長かったのだろう。

今までの餓えを満たすかのように、食える物は何でも食ってやろうという、貪欲な食欲を見せている。

こっちはもう、どうにでもしてくれと、なすがままだ。

こんな物でよければ、いくらでも餓えを満たしてくれ。お安いご用だ―気持ちいいし。


そのうち、ようやく食べ終えて満腹したのか、黒ヒョウが口を離した。

よーし、今度はこっちの番だ。こっちだって、黒ヒョウの肉が目当てで、今日は来てるんだから。

黒ヒョウの手を引いて、

「こっちおいで」

ベッドの脇に立たせた。
32
最初 前へ 29303132333435 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ