タイはトロリと甘いマンゴーの味第2話:バツイチ黒豹は飢えていた(無修正版)
タイはトロリと甘いマンゴーの味第2話:バツイチ黒豹は飢えていた(無修正版)
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:カドー
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:タイはトロリと甘いマンゴーの味

公開開始日:2015/12/31
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
タイはトロリと甘いマンゴーの味第2話:バツイチ黒豹は飢えていた(無修正版) 第2章 黒豹の身の上話
元気ないのを見かねて一杯おごってやったのをきっかけに、黒ヒョウと仲良くなっていった。

来る度に席に呼んでドリンクをおごってやった。黒ヒョウは飲みながら、ポツリポツリと身の上話をしてくれるようになった。

田舎に子供がいて、実家に預けてバンコクに出稼ぎに来ていること。

旦那とは離婚したという。タイではよくあるパターンだ。

タイ男は基本怠け者なので、なるべく女房に働かせて、自分は遊んで暮らそうという、とんでもない奴らだ。

女房に金をせびり、くれないと暴力を振るう。女は、最後は泣く泣く子供抱えて別れるしかない。

女手一つで食っていくためには、田舎では仕事もなく、バンコクやパタヤを目指す。

容姿端麗なら、バーで外国人の男を相手にすることになる。

いくら若くても、タイのバーで働いている子は、みんな子持ちだと考えて間違いはない。

若ければ若いほど、悪い虫もつきやすいからだ。

タイでは、16、7で男が出来るのは普通なのだ。

オンはいい体しているが、顔が今ひとつだったので、虫がつくのはそれほど早くはなかったのだろう。

若くはないが、それでも子供を養うため、全財産をカバン一つに詰めて、バンコクに流れてきた一人だった。


あれはソンクラーン(タイの水かけ祭り)の季節だった。熱帯のタイでも、1年で一番、猛烈に暑くなる4月だ。

その暑さをまぎらすためなのか、誰に水をかけても許されるという、伝統的な無礼講の祭りがある。それがソンクラーンだ。

バンコクも例外でない。外を歩いていると、どこから水が飛んで来るかわからない。

水鉄砲でチュッという生易しいものならいいが、柄杓や、時にはバケツで水が飛んで来るのだ。

バケツでやられたら、もちろん時計からケータイから、全身びしょぬれになる。戦々恐々として過ごさないといけない数日間だ。


その日はビクビクしながら、急ぎ足で雑踏を通りぬけ、ナナプラザに向かった。途中の被害は、1回だけコップで背中にかけられただけですんだ。

そうやってオンの店に入り、ホッと一息ついた。

店の中では水かけはやらないという不文律があるので、もう安心だ。

すると、邪悪な物が目に入った。

背負タンク式の本格的な水鉄砲が隅に置いてある。
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ