タイはトロリと甘いマンゴーの味第2話:バツイチ黒豹は飢えていた(無修正版)
タイはトロリと甘いマンゴーの味第2話:バツイチ黒豹は飢えていた(無修正版)
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:カドー
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:タイはトロリと甘いマンゴーの味

公開開始日:2015/12/31
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
タイはトロリと甘いマンゴーの味第2話:バツイチ黒豹は飢えていた(無修正版) 第14章 黒豹が豹変した
男と二人きりになり、どうすればいいか分からなくなったらしい黒ヒョウは、モップで部屋の大掃除をやり出し、いつまでも終わらない。

そろそろ止めてやらないと可哀想だ。

「オン、掃除はもういいから、こっちおいで」

ホッとしたように掃除の手を止めたオンが、モップを持ったまま聞く。

「何するの」

「ここに座って」

「座って何するの」

「話をしよう」

「あなた、軽い男じゃないと言ったでショ」

そう来たか。

訪問許可を取りつけた日の、「俺はそんなに軽い男じゃない」という、苦しまぎれのセリフをよく覚えていたものだ。やはりこれが女心というものか。

電話番号を聞き出すときもそうだったが、私はハスッパな女じゃないということを、どこまでも強調したいらしい。

だがここが最後の関門だ。ヘタに答えると口頭試問に落ちて、黒ヒョウはまた大掃除を再開するだろう。モップを持ったままなのが、その証拠だ。

そうなると、スゴスゴと帰るしかない。今日の収穫は、留守番のときに盗み見た黒ヒョウの持ち物と、片付けのときに、背中でチラリと見せられた腰の物だけとなる。

ここまで来てそれだけで帰るのでは、ヘビの生なんとかだ。ここは答えどころだ。


「オンには本気になったから」(これでどうだ!?)

「本気なの?」

「そうだよ」

ここで、パチンとスイッチが入ったようだ。黒ヒョウが文字通り豹変した。

これまでは、借りてきたネコのようにおとなしかったのが、本物の黒ヒョウになった。

モップを投げ捨て、

「本気なら〇〇しろ」

いきなり命令してきたのだ。

その命令はお安いご用で、パッパッと数秒で出来ることではあるが、これまでにこんな場面で女の方から言われたことはなかったので、驚いた。

いよいよ黒ヒョウが本性を表したのだ。このあとは、餓えたバツイチ黒ヒョウの独壇場となる。

黒ヒョウ狩りに来たつもりが、私は返り討ちに会ってしまうのだ。
27
最初 前へ 24252627282930 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ