タイはトロリと甘いマンゴーの味第2話:バツイチ黒豹は飢えていた(無修正版)
タイはトロリと甘いマンゴーの味第2話:バツイチ黒豹は飢えていた(無修正版)
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:カドー
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:タイはトロリと甘いマンゴーの味

公開開始日:2015/12/31
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
タイはトロリと甘いマンゴーの味第2話:バツイチ黒豹は飢えていた(無修正版) 第11章 黒豹の部屋でこんなこと
黒ヒョウ・オンと友人メイは夕食の買い出しに行き、私はオンの部屋に一人残された。

やることもないので、女の一人暮らしの部屋を存分に探検させてもらうことにする。

居間はだだっ広く、ダブルベッドがドンと置いてあり、その横に、ドレッサーというのか、鏡台と一体になったクローゼットが立っている。

反対側の壁には、安っぽいカラーボックスの上にテレビが乗っている。

広い部屋の中に、家具らしい家具はそれだけだ。

次に台所のドアを開けて、中を覗く。

オンの言葉通り冷蔵庫はなく、流しとガス台があるだけだ。めぼしい物は何もなく、ガランとしている。

隣はトイレだが、トイレなんて後でいつでも入れるので、後回しにする。

居間に戻り、いよいよ宝の探検のはじまりだ。


まずは鏡台と一体になったクローゼットを開けてみる。

質素な暮らしでも、やはり女だ。地味なのから派手なのまで、色とりどりの服が吊るしてある。

クローゼットの引き出しを開けると、あった、あった!

目当てのパンティが小さく畳まれて、光っていた。

色は白や、黒や、色付きや、様々だ。

取り出して広げてみたり、イタズラをしてみたい誘惑にかられるが、戻すときに畳み方が違うと、あとで不審に思われるかもしれない。

抜き出したりはせず、指の腹で感触を確かめるだけにしておく。

もう一つの引き出しには、ブラジャーが二つ折りにして重ねてあった。

これも白や、黒や、色付きや、様々だが、やはり取り出さず、感触を確かめるだけにしておく。

鍵付きの引き出しがあったが、さすがに鍵が掛かっていた。金目の物はここにしまってあるのだろう。


いつまでもコソ泥みたいにあちこち探っていると、彼女たちがいきなり帰ってくるかもしれないので、適当なところで切り上げる。

今日はもしかして飯だけで帰らされることになっても、なかなか見れない、いい物を見せて貰ったし、これで元は取れるだろう。

あとはテレビのタイ歌番組をつけて、テレビを見ながら、何もなかったような顔で二人の帰りを待った。
21
最初 前へ 18192021222324 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ