タイはトロリと甘いマンゴーの味第2話:バツイチ黒豹は飢えていた(無修正版)
タイはトロリと甘いマンゴーの味第2話:バツイチ黒豹は飢えていた(無修正版)
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:カドー
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:タイはトロリと甘いマンゴーの味

公開開始日:2015/12/31
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
タイはトロリと甘いマンゴーの味第2話:バツイチ黒豹は飢えていた(無修正版) 第8章 黒豹の部屋に入れてもらう
近くで見る黒豹オンはいつものステージ衣装とは違って、ジーンズにTシャツの小ざっぱりした格好だった。

長い髪を後ろで大ざっぱに束ねて、全体に店とは違う印象だが、引き締まった体の輪郭は同じだ。

ぴったりしたジーンズが、出っぱった部分も引っ込んだ部分も、輪郭の線をはっきり見せつけている。

女の部分に突き刺さるような私の視線を目ざとく感じて、

「あれがあたしのマンション」

オンの指先で無理やり視線を変えられたその先に、白っぽい中層マンションが見えた。

タイのマンションはピンからキリまであり、ガードマンが入り口で24時間目を光らせている高級マンションもあれば、出入り自由の一般マンションもある。

オンのマンションはエアコンなしで家賃が安いと言っていたから、一般マンションでもさらに下のクラスだ。


並んで歩きながら、

「今友だちが来てるから、晩ごはん一緒に作って食べよう」

ええー、友だちなんて聞いてねえよ。

そんな邪魔者がいたら、言いたいことも言えないし、したいことも出来ないし。

もしかして、まだまだ本気度の試験は終わってないのか。友だちに恐れをなして、帰るなら帰れっていうことか。

それとも最初から、文字通り「部屋に来るだけ」だから、飯食ったら帰れという意味か。

やれやれ、一難去ってまた一難か。女の攻略は難しいものだ。


オンのマンションは、聞いていた通りの安賃貸マンションだった。

ガードマンはいないので、誰でも出入り自由だ。

エレベーターを降りると、通路は雑然としていて、タイの習慣なのか、靴やサンダルがバラバラに、部屋の前に脱ぎ散らかしてある。


オンの部屋は、入ったところが、だだっ広い部屋になっていた。

広い部屋の中にダブルベッドがドンと置いてあり、地味な布団が敷いてある。あとはスカスカの、質素な生活ぶりだ。

奥に台所とトイレらしい部屋が見える。いわゆるワンルーム・マンションだ。今ではスタジオタイプと言うらしいが。

日本のワンルームと違うのは、部屋が広いこと。

日本だったら2部屋にするだろうスペースを、だだっ広い1部屋にしてある。さすが大陸のタイは、住環境も太っ腹だ。

広い部屋で女の子が一人、テレビを見ながら待っていた。
15
最初 前へ 12131415161718 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ